ガルシアの悲劇?!どうすりゃあいいのよ?!

getty

プロゴルファー

ガルシアの悲劇?!どうすりゃあいいのよ?!

0

2018年マスターズ。

2017年にジャスティン・ローズとのプレーオフに勝利し、ディフェンディングチャンピオンとしてマスターズに挑んだセルヒオ・ガルシア。

その初日の15番ホール。

後に「ゴルフ人生で初めて」とガルシアに言わしめた、悪夢が待っていました。

長いガルシアのゴルフ人生の中で「初めて」の経験とはいったいなんだったのでしょうか?

まるでティン・カップ?!

ここからはゴルフ映画の名作ティン・カップのネタバレになりますので、まだ映画をご覧になっていない方は読み飛ばしてください。

1996年に公開されたケビン・コスナー主演のゴルフ映画「ティン・カップ」。

破天荒なゴルファー、ロイの奮起を描いたドラマ。

映画ファンの間ではあまり評価は高くありませんが、ゴルフファンの間では絶大な支持を得ているこの作品。

筆者はもちろん大好きです!

そんなロイが8アンダーのトップタイで迎えた全米オープンの最終日、最終ホール。

ロングホール(パー5)の2打目を池に入れてしまいます。

相棒でキャディのロミオが、前進して次打を打つ準備のためにグリーンに向かって歩き出すのを制止して「ここから打ち直す」と言い張るロイ。

そこから池ポチャの連続! 手持ちのボールの最後の1個に!

このボールを池に入れたら、優勝はおろか大会も失格になってしまうという運命の12打目!

ゴルフファンならば、一度はご覧いただきたい映画です。

リアル・ロイ?! ガルシアの悲劇?!

見ていて辛くなる映像でした。

「ティン・カップ」との違いは、ガルシアは最終日の最終ホールではなく、初日の15番ホールだったこと、そして直接池に入らず、ピンそばからコロコロ転がって池に落ちたかというくらい。

それ以外はスコアも「12」と「13」とほぼ同じ、池ポチャ回数も「5」、ギャラリーの空気感も非常によく似ていました。

ラウンド後のインタビューで、この時のことを聞かれたガルシアは次のように答えていました。

“I don't know.(僕にもわからないよ)”

そして、こう続けました。

“ミスショットをしていないのに13打も叩いたのは、ゴルフ人生で初めてだよ”

まとめ

ガルシアがマークした「13」というスコアは、シングルホールでマスターズ大会史上ワーストの記録となりました。

「ティン・カップ」のロイのように、自分のショットを信じて同じショットを打ち続けたガルシアの“意地”というか“こだわり”のようなものを強く感じました。

ガルシアという選手は「記録よりも記憶に残る選手」なのかもしれませんね。

今後もガルシアの珍プレー&時々優勝に注目です!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ガルシアの悲劇?!どうすりゃあいいのよ?!

カートに追加されました。


×