弾道やスイングをイメージしてから打ってみましょう!

getty

ゴルフ初心者

弾道やスイングをイメージしてから打ってみましょう!

0

皆さんは、それぞれのクラブの弾道やスイングのイメージを持っていますか?

漠然と練習したり、漫然とラウンドしても上達は加速しません。

今日から自身のスイングや弾道にしっかりとイメージを持ってみませんか?

ドライバーのスイングイメージ!

『飛ばしたい!』

『高い球を打ちたい!』

まず、その思いを捨てましょう。

ドライバーは、シャフトが一番長く、ロフト角が最も少ないクラブです。そのため、普
通にスイングして、芯を食えば飛びます。

アタマでわかっているこの事実を身体にも浸み込ませるようにしましょう。

そして、狙う弾道はライナーです。

地面と平行に構えているライフルのように、ライナーを打ちましょう。

ロフト角があり、ボール位置を左寄りにセットするので

ライナーのイメージで十分にボールは上がります。

テンプラよりもゴロがベターと割り切ってみてください。

アイアンのスイングイメージ!

『おっ3』が血迷った訳ではありません(笑)。

卓球のフォアハンドでドライブ回転をかけようとしているのがおわかりいただけると思います。

ずばり、アイアンのスイングイメージはこれです!!

ロフトを立てて、ボールを上から包むように振り抜きます。

ダフるよりはトップのほうがグッド♪

クラブはボールより高い位置から下りて来て、左サイドリードで、インパクト直後に両腕が伸びたらきれいにターフが取れると思います。

アプローチのスイングイメージ!

よく耳にするのは『ゴミ箱に下からゴミを放り投げるイメージ』ですね。

これ、本当にゴミ箱に入りますか? 放物線を描く弾道は、距離感を相当磨く必要があります。

『おっ3』は、ゴミ箱にゴミを放り投げる時は、上から投げます。直線的なイメージです。

例えるならば、ダーツのように狙います。

アプローチは狙いを定めるショットです。着地点を決めて、そこにボールを落とします。

するとインパクトでは、クラブがボールに直接当たり、『カツン』と音がするはずです。

ボールを上げたければ、ロフトの多いクラブを持つだけです。これで、ダフリやチャックリのミスは激減すると思います。

次回練習場に行った際には、それぞれのクラブのスイングイメージ、弾道のイメージを持って練習してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

弾道やスイングをイメージしてから打ってみましょう!

カートに追加されました。


×