ターゲット方向に木の枝が……フェアウェイウッドの出番です!

ターゲット方向に木の枝が……フェアウェイウッドの出番です!

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

突然ですがパー5のセカンドショット。

ある程度飛距離を出して行きたいところですが、ターゲット方向の10ヤード先のところに木の枝がせり出しています。

こんな時あなたならどうしますか?

木の枝がせり出していてウェッジも使えない……

木の枝がせり出していてウェッジも使えない……

先日のラウンドのこと。

お昼休憩を挟んだ後半最初のホールはパー5。

前半の上がり3ホールを良い感じで終えた私は、意気揚々とティーショットに挑みます。

しかし結果は見事なまでの引っかけで、ボールは左の林方向に一直線。

調子に乗ったときのアベレージゴルファーあるあるです (^.^;

あわててボールの飛んだ方向に向かうと、ボールは林の手前で止まっていました。

ライはあまり良くありませんが、木の根もかからずに普通にスイングもできそうです。

ひとまず最悪の事態は回避できたとターゲット方向をを向くと……。

大問題発生です。

なんとターゲット方向の10ヤード先のところに木の枝がせり出しています。

ライも良くないのでショートアイアンで刻もうかと考えましたが、枝の高さがかなり低いので、ショートアイアンどころかミドルアイアンで打ってもボールは枝に当たってしまいそうです。

かといってグリーンまで300ヤード近くありますから、ボールを真横のフェアウェイに出すのも躊躇してしまいます。

手にした番手はフェアウェイウッド!

手にした番手はフェアウェイウッド!

「なんとかして枝の下の空間を利用したい!」

しかし高さ的に5番アイアンやユーティリティーでも枝に当ててしまいそうです。

そこで私が選んだ番手は5番ウッド。

幸いにもボールはベアグラウンド上に近いライですから、フェアウェイウッドでも上手く拾っていけそうですし、ボールを右寄りにセットすれば枝の下を通す高さで打ち出していけると判断したからです。

しかしとてつもなくミスが出そうな状況。

飛距離を欲張って右にプッシュアウトさせてのOBなどは避けたいところです。

ですから飛距離は欲張らずに、グリップを短く握りハーフスイングのイメージで素振りを繰り返します。

そして大きく深呼吸をしながらアドレスに入りました。

結果はいかに!?

結果はいかに!?

getty

さて結果はどうなったかと言いますと、まずボールは低く打ち出されて枝の下を抜けていきました!

しかし慣れないハーフショットのせいか、打ち出し方向はかなり右へ……。

ただ保険を効かせていたのが功を奏しました。

ボールは右サイド、ピンまで155ヤードのセミラフで止まってくれていました。

その後は2メートルのパットを外してしまったこともありボギーとなりましたが、置かれていた状況からすれば、上出来でしょう。

通常なら難しい状況でフェアウェイウッドを使うのは避けるのがセオリーですが、場合によってはフェアウェイウッドを使ったほうが安全かつやさしくピンチを回避できる場合もあるんですね。

ゴルフは考えるスポーツ。

技術もさることながらゴルフ脳やマネジメント力も鍛える必要があると、改めて痛感させられました。


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人
GDOゴルフテック