部屋の中でアプローチショットの練習をすればフルショットも良くなる!?

getty

ゴルフスイング

部屋の中でアプローチショットの練習をすればフルショットも良くなる!?

0

短いアプローチショットは、クラブの振り幅が違うだけで、その基本はフルショットと同じと考えられます。

短いアプローチショットが上手くなれば、フルショットのレベルアップにもつながるでしょう。

短いアプローチショットの練習は、家に2~3メートルのスペースがあればできます。

練習場に行く必要のない、コストパフォーマンスのよい練習方法です。

アプローチショットのボールのとらえ方はフルショットと同じ!?

吉本ひかるプロのドライバーショットの瞬間をとらえた写真を掲載しました。

アプローチショットにも、このようなインパクトのイメージを持つことが大切と思います。

右上腕と肘は上体と一体化し、腰は飛球方向に回転しつつあります。

このような形になるということは、クラブヘッドが遅れてインパクトゾーンに入ってくることを意味しています。

そのためには、肘やグリップを柔らかく使う必要もあります。

クラブが上から入ってくるようなインパクトだと、アプローチでもダフリやヒッカケの原因になります。

インパクトの後は、頭(振り子の支点、首根っこ辺り)を残して、クラブヘッドを低く長く振り抜きます。

クラブヘッドはインサイドから入れてストレートに振り抜く!?

クラブヘッドはインサイドから入れてストレートに振り抜く!?

アプローチのクラブヘッドはインサイドから入れてストレートに振り抜くと、ボールは真っすぐに飛び出しやすくなります。

テイクバックは、少しハンドファースト気味に構え、脇を締めて肘は内側に絞り、上体とクラブを一体にしクラブを振ります。

クラブフェースは必然的に少し開き気味なりますが、その方がインサイド・ストレートの軌道になりやすいです。

ダウンスイングでは、内側に絞った肘の状態をそのまま残して、グリップエンドからクラブを柔らかく振るようにすると、クラブヘッドが少し遅れて入るようになります。

フォローストロークでは、頭(スイングの支点、首根っこ辺り)を残し、スイングの最下点(ローポイント)からクラブを低く長く振り抜くようにすると良いでしょう。

2~3メートルのスペースがあればアプローチの練習はできる

練習場に行かなくても、2~3メートルのスペースがあれば家でアプローチの練習ができます。

家で練習するときは、アプローチのボールの落としどころは、1、2メートル先で十分です。

フルショットのインパクトゾーンをイメージしながら、ウェッジのスイートスポットにボールを当てる練習をします。

スイートスポットに再現性良く当てるのは大変難しいですが、これができるようになるとフルショットのミート率アップにもつながるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

部屋の中でアプローチショットの練習をすればフルショットも良くなる!?

カートに追加されました。


×