Gridgeの記事を読み来店してくれたu様のお話 その6

getty

ゴルフスイング

Gridgeの記事を読み来店してくれたu様のお話 その6

0

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、Gridgeの記事を読み来店してくれたu様のお話 その6です。

前回、会社で一番ゴルフの上手な方に1打差で負けましたが、会社のコンペで前社長で現在顧問の方からご指名で同組になりました。

男を上げるチャンスです。

ブッチギリ

u様の務める会社の、年2回行われる社長杯という社内コンペで、元社長で現在顧問の方とのラウンドが決まりました。

前回のラウンドで、会社で一番ゴルフの上手い方とのプレー内容が元社長に伝わり、今回の組み合わせになったようです。

10組40名の参加で行われました。

u様は、元社長で現在顧問の方とトップスタートです。

当日、u様は好調で81打の自己ベスト更新でホールアウトしました。

81打は、当日のベストグロス(以下ベスグロ)でした。新しいのエース誕生です。

顧問「u君は、強烈に上手いね、握らなく良かったよ」

u様「今日は、たまたまです。何しろ自己ベストの更新ですから」

夢は叶う

グロス2位は90打でお二人いたそうです。

ベスグロの商品は、北海道の子会社から豪華な海鮮品が届けられる手配がしてあり、目録をいただいたそうです。

会社を挙げてのコンペでベスグロ賞を取り、自分のベストスコアを更新するなんて,実に試合度胸が良いと思います。

ビッグキャリーゴルフショップに初めてご来店いただいた時に、ゴルフで望む物をお聞きしたところ、ベストスコアの更新と、年間平均80台でラウンドすること、できたら将来試合に出たいとのことでしたので、わずか5ヶ月でほぼ達成してしまいました。

才能のある人が、正しい努力をすれば夢は叶うものです。

しかし、ゴルフは、今日できた物が次のラウンドでは上手くいかないということが普通に起こります。

何時も、基本を忘れず練習をすることが大切ですし、次のステップに進むためにも、基本や基礎練習が必要だと思います。

サラリーマン・シングル

u様にはまだ解決しなくてはいけないところがありますが、一般的には十分に上級者です。

次の上を目指すのなら、どこかの倶楽部に所属してハンデキャップを取りシングルや倶楽部チャンピオンを目指しても十分に手の届く方です。

私から見てもu様は、ビッグキャリーゴルフショップから誕生した8名の倶楽部チャンピオンに比べてもポテンシャルでは上位に位置しています。

u様は、飛距離も出せますし運動センスも良く、地味な練習もコツコツとできるタイプの方なので、息の長いプレイヤーになれると思っています。

私が定期的に見ていれば、スイングが悪い方向に行きそうな時には早い段階で気付くと思いますので、良い状態を長く保てると思います。

生徒様が成功するのは、自分が成功するのと同じくらいうれしいことです。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

Gridgeの記事を読み来店してくれたu様のお話 その6

カートに追加されました。


×