【ゴルフルール改定】ピンは抜く?抜かない?みんなの声を紹介!

getty

ライフスタイル

【ゴルフルール改定】ピンは抜く?抜かない?みんなの声を紹介!

0

こんにちは、ライターのとやです!

2019年のゴルフルール改定での大きなトピックスでもあった、グリーン上でもピンを抜かなくてもよくなったルール。

このルール改定を利用してピンを抜くのか抜かないのか、はたまた他の意見もあるのか。

皆さんの声を集めてみましたので、こちらで紹介していきたいと思います!

ピンを抜く? 抜かない? 一番多かった意見は「ピンを抜かない」

アンケートにご協力いただきました読者の皆さん、ありがとうございました。

アンケートの集計結果は、ピンを抜かないという選択肢が圧倒的に多かったです。これは実際ボクの周りでも感じていたことで、ある程度予想できましたね。

やはり「遠くても目印になる」という視認性のメリットを挙げている方もいれば、「強く打ってもピンに当たって入るかも」とピンに壁的な役割を期待している方も。

それと、「なるほど」と納得した意見の中には「抜いたピンでグリーンを傷つけなくて済む」というものがありました。

たしかにピンをパタン! と投げつけるように倒す方いらっしゃいますもんね……(汗)。

ピンを抜く? 抜かない? 今までどおりピンは抜きたい!

今まで通りピンは抜いてプレーしたい! という意見ももちろん出てきました。

パッティングって繊細なので、「影が気になる、ピンが揺れると気になる」というメッセージもいただいています。

そしてもう1つ、いろいろなところで言われているのが「カップからボールを取り出しにくい!」というご意見。

ピンを刺したままだとボールをつかめませんから、指で挟むようにしてピックアップしている方も多いんじゃないでしょうか。

ピンを抜く? 抜かない? 「好きにしていいよー」

ピンを抜くのか抜かないのか、という問題に対して並々ならぬこだわりを持つ方もいれば、逆に「あなたの好きなほうでいいよ、お任せするよ」という方も結構多かったですね。

「ピンなんて刺さってても、刺さってなくても入らない(笑)」という名言(迷言?)も知り合いからいただいています(笑)。

こういう方はピンが刺さっていても刺さっていなくても、大した問題ではないと感じていらっしゃるようです。

ピンについてこだわりを持つ人もいれば、あまりこだわらない人もいるということですね。

ピンを抜く? 抜かない? こだわりが強過ぎる人はドン引きされてる!?

ピンを抜く? 抜かない? こだわりが強過ぎる人はドン引きされてる!?

いただいたメッセージの中に「個人的にはどちらでもよい」としながらも、ピンを抜くのか抜かないのかで、こだわりが強過ぎる人には大変迷惑している。

というちょっと気になるメッセージも。

「ピンは刺したままで」という人と「ピンは抜いてくれ」という人、同組になったときにはちょっと面倒なことになりますからね。

またそんな人に限ってピンを持ってくれない、と感じているんだとか。

普段キャディ付きのプレーで、セルフプレーでも同じような感覚になってしまっているんでしょうか。真相はいかに……。

ルール改定があった目的は忘れないように……

いろいろな意見や考え方があるんだなぁ、と感じたアンケート結果になりました。

そこでもう一度思い出していただきたいのが、ルール改定があった本来の目的です。それはプレーファストでしたよね。

ピンを一人ずつ抜いたり刺したりして、プレーを遅らせてしまうのは論外なので同組の方と意見をすり合わせてみんなで楽しく、プレーの遅延で後方の組やゴルフ場に迷惑をかけないように、スマートにラウンドしましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【ゴルフルール改定】ピンは抜く?抜かない?みんなの声を紹介!

カートに追加されました。


×