新・貧打爆裂レポート『M6 アイアン』

今回の貧打爆裂レポートは、2019年2月15日に発売されたテーラーメイド『M6 アイアン』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。

最新のテクノロジーを詰め込んで評判が良いアイアンの実力を探ります。動画も含めてレポートします。

テクノロジーを凝縮させてスタイリッシュになった『M6 アイアン』

テクノロジーを凝縮させてスタイリッシュになった『M6 アイアン』

テーラーメイド『M6 アイアン』は、かつてはあまりなかったパターンで、口コミで売れているアイアンだとショップ関係者からよく耳にします。

上位機種の『M5 アイアン』がモノトーンで落ち着いた雰囲気なので、『M6 アイアン』が目立つせいもあると思いますが、口コミというからには、その効果を目の当たりにしたゴルファーが、自分も、と反応しているということだと推測できます。

『M6 アイアン』は、ヘッドをどこから見てもテクノロジーが露出しています。

バックフェースの中央には新しいテクノロジーの「スピードブリッジ」という、ソールとトップエッジをつなぐ柱があります。

これがフェースのたわみを最適化しているということです。

ソールまで貫通した中空構造に近いポケットキャビティ。フェースはギリギリまで薄くして反発性能を上げて、裏側には打感を良くするためのダンパーが装着されています。

ミドルアイアンとショートアイアンでは、ボディの素材を変えています。

ネックを凹ませて浮かした重量をソールに配置して、より低重心化させました。

書き切れないテクノロジーです。

それでいて、『M6 アイアン』は構えやすいのです。

機能を詰め込み過ぎて、構えづらくなってしまうという本末転倒なアイアンは、時々、市場に出てきますが、『M6 アイアン』にはまったくそういう心配がありません。

ヘッドも締まって見えますし、ややグースしていますが、それも番手間でズレを感じたりもしません。

7番アイアンのロフトは28.5度で、いわゆるぶっ飛び系のアイアンです。

お借りしたのは、5番~ピッチングウェッジで、シャフトは「REAX85 JP」のSフレックスでした。

口コミで人気になっている『M6 アイアン』の実力に期待をしながら、コースに持ち込みました。

これがドローの強弾道だと教えてくれる『M6 アイアン』

動画を見てください。

『M6 アイアン』で、まず最初に感じたのは飛距離性能です。ロフトよりも飛びます。

打ち出しから高い弾道で、棒球っぽく飛びます。初速感も強く感じます。テクノロジーをいきなり体感できました。

140ヤードを8番アイアンで少しオーバーしました。自分のアイアンより20ヤード以上飛びます。

他の番手も、まずはやさしいです。ミスヒットに強いです。特に、ダフリとトップには強く、多少のミスで距離がロスすることはありません。

『M6 アイアン』で一番驚いたのは、とにかくドローしか打てないことです。打っても、打っても、打っても、ドローです。

強いスライスになるように打って、やっと真っすぐに飛ぶという異常な状況でした。

個人的には、クセが強すぎるクラブは一時的な効果はあっても、長い目で見るとマイナスになると考えています。

『M6 アイアン』についても、最初の4ホール目ぐらいまでは、「これは……」とネガティブに考えていました。

でも、途中で、ドローが出るままに打とうと決めてから、ガラッと変わりました。

まさにコースでラウンド試打する真骨頂な発見があったのです。

ドローボールがコントロールしやすくて、縦の距離もちゃんと合わせられるのです。

アイアンで大きなドローを打つときに問題になるのは、いわゆる距離感を合わせにくいということがありますが、『M6 アイアン』はバッチリです。

後半は、ピンにぶつかる勢いで、寄りまくりました。アイアンの試打では、こういうことは滅多に起きません。

そうなってくると気になるのがスピン性能ですが、『M6 アイアン』は9番とピッチングウェッジは普通にスピンがかかります。

8番より上の番手は、戻るほどではありませんがワンピンまでは転がらない範囲で止まります。

『M6 アイアン』は近未来を感じさせるアイアンでした。

ドロー専用アイアンとして、ドローで攻めたいゴルファーと、スライスとお別れしたいゴルファーにオススメします。

面白いのは、パワーヒッターにも使えると思いましたし、逆に、貧打のゴルファーも助けられるとも思ったのです。

両方を助けて、どちらの邪魔もしないテクノロジーを感じました。

『M6 アイアン』は使えば使うほど、自分の手のように扱いやすくなる感覚もありました。

試打ラウンドを終えて、もう少し使いたいと感じる自分が少し怖いほどでした。

『M6 アイアン』は、短期間ではなく、何年もの長い付き合いをしようと考えて使うゴルファーにオススメしたいです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

新・貧打爆裂レポート『M6 アイアン』

カートに追加されました。


×