新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボール

新・貧打爆裂レポート『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボール

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年4月19日に発売されたブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールです。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。

飛ぶボールとして大好評の『TOUR B JGR』の追加バージョンの赤いボールについて徹底的にテストしました。動画も含めてレポートします。

楽しく挑戦しちゃうのがマットレッド効果!

楽しく挑戦しちゃうのがマットレッド効果!

ブリヂストンスポーツ『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールは、追加バージョンということで、内部の構造は『TOUR B JGR』ボールと変わらないそうです。

「飛距離追求型アイオノマー3ピース構造」で、高初速と低スピンでぶっ飛ばす機能はそのまま、マットレッドのカラーで、太陽光の反射を防ぎ、弾道が落ち際まで見やすく、ボールをロストしづらいというのが特徴とのことです。

『TOUR B JGR』ボールは、抜群の飛距離性能で人気のボールです。それでいて、アイアンショットも、アプローチも、パットも、何一つ手を抜かずにゴルファーが求めるレベルの性能を発揮します。

総合力の高さは、ディスタンス系のボールの完成型の見本の一つになると、僕は2018年に評価しました。

追加バージョンで中身も変わらないならインプレをしても意味がないのでは? という疑問の声が聞こえてきそうですが、ボールというのは科学技術の結晶で繊細なのです。

『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールのマットレッドのカラーは、ペイントされているのではありません。カバーの素材をマットカラーに染めて製造しているのです。

厳密に考えると、表面のカバーについては、ホワイトのボールと違うのです。

過去には同じ銘柄のカラーボールとホワイトのボールを比較すると、スピン性能や、ショートゲームの打音が違うボールがあったのです。

ルール上も、カラーが違うボールは別のボールと判断されるのは、そのような事例があったからなのです。

とはいえ、ボールの特許を世界一持っていると言われるブリヂストンスポーツですから、それがマイナスになるような追加バージョンを出すわけはないと考えました。

そういう部分を検証するために『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールをコースでテストをしたわけです。

ところで、僕はカラーボールが苦手です。ボールの大きさが違って見えたり、浮いて見えたり、沈んで見えたりして、集中できないからです。

そういう不安もあったので、強いて、自分だけではなく、数ラウンドにわたって、同伴者にも打ってもらって、それを観察するという方法も採用しました。

最初に感じたのは目立つことです。

練習グリーンでも、コース内でも、目立ちます。それでいて、マットな部分であるツヤ消しの効果なのか、個人的に心配していたボールに違和感があるという部分はまったく感じませんでした。

スタートホールから、普通にゴルフをすることができました。複数の同伴者は、ホワイトのボールより集中できると喜んでいました。

練習グリーン、ドライバーショットでは、ホワイトとの差は感じませんでした。

相変わらずといいますか、ドライバーの飛距離性能は天下一品ですし、パットの際の打音や打ち応えは柔らかさが前面に出て、個性的です。

一言で表現するなら、良くできたボールです。

個人的にも感じましたし、同伴者を見ていても感じましたが、赤い色は攻撃色で興奮させる効果があります。

『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールは、挑戦したくなるゴルファーの心をほんの少しだけ刺激します。

パットなどで強気になることが多かった気がします。また、迷ったときの決断に迷いが出づらい気もしました。

いずれもメンタルですが、気持ちが弱いゴルファーには、『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールはオススメです。

弾道が見やすいボールでスコアアップ!

動画を見てください。

『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールは、ロストボールになりにくいだけではなく、飛んでいるときもよく見えます。弾道がハッキリと見えるので、少し上達した気分になります。

ショットの打音はきれいです。カチッとしていて、芯に当たったときにだけ出る音があるような気がして、快感でした。

打ち応えは、やや重めです。それがソフトな感覚とマッチしていているのも気持ちが良いのです。

ホワイトよりも、アイアンショットのときには柔らかい感じがするのは、見た目の効果があるのだと思います。

本当に個人的な好みですが、僕はパットの打音が低い音質のボールが苦手で、『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールをエースボールにする選択肢は早い段階からありませんでしたが、結局、4ラウンドほど使いました。本当にショットをするのが快感だったのです。

表面のカバーの微妙な差は、まったく感じることができませんでした。

飛距離とか、具体的なスペックでも差が出ませんでした。ブリヂストンスポーツは流石です。完璧なチューニングです。

僕が『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールを4ラウンドも使ったのは、スコアが良かったからです。

その内2ラウンドは同じボールを使いました。2ラウンドぐらい使うと表面がやや汚れるようで、透明感が少し劣って、ディンプルがより明確に見えるようになります。

よく見なければわからないほどですから、耐久性もまったく問題がないどころか、ホワイトよりも汚れと傷が目立たないようです。

『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールは、すべてのゴルファーが使えるボールです。

特に使ってほしいゴルファーは、僕と同じヘッドスピード40メートル/秒(m/s)前後から45m/sのゴルファーです。

同伴者を観察していて、飛距離性能が最も発揮されるのが、そのあたりに感じました。

ツアーボールも使えるけど、ちょっと持て余しているゴルファーにもオススメです。

『TOUR B JGR マットレッドエディション』ボールは、完成度が高いボールです。

マッドレッドがメンタルに及ぼす効果をプラスにできれば、飛距離性能だけではなく、スコアアップに挑戦するボールとしてもオススメなのです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人