新・貧打爆裂レポート『RS E ドライバー』

新・貧打爆裂レポート『RS E ドライバー』

お気に入り

今回の貧打爆裂レポートは、2019年4月19日発売のプロギア『RS E ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしてきました。

ギリギリの高反発で飛ばす『RS』シリーズドライバーの追加モデルになります。動画も含めてレポートします。

見た目はシンプルだけど中身で飛ばすのが『RS E』だ!

見た目はシンプルだけど中身で飛ばすのが『RS E』だ!

『RS E ドライバー』の見た目はシンプルそのものです。

ソールは、ツルッとして特徴的な凸凹は一切ありません。フェースも特別な感じはしませんし、クラウンもフェース側に段がある「新Wクラウン設計」がわかる以外は精悍なブラックで、特別な感じはしません。

プロギアのクラブは本格派のゴルファーが使うというイメージがあるかもしれませんが、『RS E ドライバー』の見た目は、まさに本格派なのです。

とはいっても、『RS E ドライバー』は『RS シリーズ』史上で最もやさしく、ボールをとらえるというのです。

『RS シリーズ』のドライバーはカッコイイけれど、自分には使えないと諦めていたゴルファーのために『RS E ドライバー』は作られました。

高反発違反ギリギリセーフで飛ばすという機能は継続して、重心角34度というボールをとらえやすくする機能を加えたのです。

コースに持ち込んでラウンドしてみました。

試打したスペックは、ロフト10.5度、シャフトは『RS E ドライバー』専用に開発された「Speeder EVOLUTION for PRGR」のSフレックスでした。

フック面(づら)しているのかなぁ、と思いましたが、実際にアドレスすると極端ではなく、ほぼストレートでした。

良いなぁ、と感心したのは、右にボールを打ち出してくれ、というメッセージがビンビンに伝わってくるところです。

ドロー打ちは何種類かのゴルファーに分類されますが、一番理想的なのは右に打ち出して戻ってきて狙い通りに飛ぶドローを操れることです。

『RS E ドライバー』は、そういう弾道をイメージさせるのです。

ドロー専用モデルの最高峰に位置するRS E ドライバー

動画を見てください。

打音を聞いてほしいのです。プロギアのドライバーは、打音へのこだわりがすごいと感心します。

『RS E ドライバー』は特に良かったです。

大きめの音量、ほど良い高音、残響も美しく短音です。上手に調整された打音は「ぶっ飛んでいる」気分にさせます。

飛ばしの快感は、最終的にはシビアな飛距離をヤードという単位の数字で確認して得るものですが、『RS E ドライバー』はティーイングエリアで快感を得られます。

賛否両論ありますが、飛びそうな弾道と打音は、個人的にドライバーの機能だと考えて良いと思うのです。

弾道はドローです。普通に打つと、15ヤードぐらいのドローになりますが、その分右に打ち出せるのでピッタリと狙い通りになります。

ラウンド通しての飛距離は220ヤードで、ヘッドスピード40メートル/秒の僕としてはかなり飛距離が出るドライバーだとわかりました。

しっかりと振りやすいドライバーです。シャフトもスイング中にボールとらえるために変な挙動はしません。

いろいろとやりましたが、とにかく15ヤードぐらいのドローしか出ないのです。

ボールは高弾道です。面白いことに初速の速さは感じますが、スピンに関してはあまり低スピンだとは感じさせません。

打たれたボールは、伸びのある美しい軌跡を描きます。

ゴルファーは欲張りです。僕も、この美しい弾道に惚れ惚れしながら、もっと飛ぶはずなんだよなぁ、とない物ねだりをしてしまったのです。

『RS E ドライバー』でわかったことは、とにかく、ミスヒットに強いということです。

芯を多少外しても飛距離落ちがありません。特にトウ寄りのミスヒットには強く、ジャストミートした飛距離よりもやや出ていると思うショットもあったほどです。

右へのミスで苦労しているゴルファーに『RS E ドライバー』はオススメです。ドロー専用で、何も意識せずにオートマチックに同じボールを打てるからです。

市場にはドロー専用のドライバーが何本もありますが、無理やり過ぎて難しくなっているものも少なからずあるのです。

『RS E ドライバー』はドロー専用として本当に良くできています。

本格的に見えるドライバーが使いたいけど、実力に不安があるというゴルファーにもオススメです。

見た目は難しそうですが、打ってみれば驚くほど簡単です。

『RS E ドライバー』は、『RS シリーズ』のドライバーの追加機種ですが、遅れてきた本命になる可能性を秘めたオススメのドライバーです。

お気に入り
ロマン派ゴルフ作家の篠原

ロマン派ゴルフ作家。1965年東京都文京区生まれ。中学1年でゴルフコースデビューと初デートを経験し、ゴルフと恋愛のために生きると決意する。競技ゴルフと命懸けの恋愛に明け暮れた青春を過ごし、ゴルフショップのバイヤー、広告代理店、市場調査会社、団体職員などをしつつ、2000年よりキャプテンc-noのペンネームでゴルフエッセイストとしてデビュー。『Golf Planet』はゴルフエッセイとして複数の日本一の記録を保持し、恋愛小説も執筆。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。 https://blog.goo.ne.jp/golfplanet

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH