新・貧打爆裂レポート『プロV1&プロV1x』ボール
ゴルフクラブ

新・貧打爆裂レポート『プロV1&プロV1x』ボール

0

今回の貧打爆裂レポートは、2019年2月8日に発売されたタイトリスト『プロV1&プロV1x』ボールです。

いつものようにコースに持ち込んで、ラウンドしました。

ツアー御用達のボールのモデルチェンジで何が変わったのか? 動画も含めてレポートします。

V1はより飛距離性能をアップした!

V1はより飛距離性能をアップした!

タイトリスト『プロV1&プロV1x』は、歴史を作ってきた王道のツアーボールです。

2年でモデルチェンジをすることになっていまして、2019年は新しいボールになる年です。

米ツアーは世界中のツアープロが競うフィールドです。長い間、『プロV1&プロV1x』は使用率1位の座を譲っていません。

日本国内では考えられませんが、米ツアーのプロはモデルチェンジしたボールが気に入らなければ使用せずに、前モデルを引き続き使用することも少なからずあります。

どのくらいのツアープロがボールを供給と同時に変更するか、という視点で新しいボールが優秀かどうかを見極めるゴルファーもいます。

さて、新しい『プロV1&プロV1x』にボールをチェンジしているツアープロは多く、早くも何勝かしていますので、期待は高まります。

論より証拠です。いつものようにコースでラウンドしてテストしてみました。

まずは『プロV1』です。

最初にグリーンでパットをしました。タイトリストは遥か昔から高音で小気味の良い短音の打音でゴルファーを魅了してきました。

強く打てば強く響き、弱く打てば弱く響くという打音はパットだけではなく、ショートゲームでも有効です。

新しい『プロV1』も、伝統の打音は継承されています。ただ、ちょっと気になったのは打ち応えが少し弱くなったように感じましたが、これは機能とは関係のない個人の好き嫌いの範疇です。

ドライバーで打って、「おぉ! おぉ?」と声が出てしまいました。

『プロV1』と違うボールを間違えて打ってしまったのかもしれないと思うほど、軟らかい打ち応えだったからです。

ロフト通りの高さの弾道で、見事なストレートボールでした。

飛距離は225ヤード。ヘッドスピード40メートル/秒(m/s)の僕としては、自分のドライバーでの飛距離としては満点です。

その後、2ラウンド使用しましたが、ドライバーで打ったボールは低スピンで、曲がりづらいです。

今までの『プロV1』とは少し違うと戸惑いました。どちらかというと、ディスタンス系のボールを打っているような感じだったのです。

長いクラブはロースピンの傾向がありますが、7番アイアンぐらいから急にスピン性能が上がります。

ショートアイアンや、ウェッジでの寄せのときは、気持ち良くスピンがかかります。かかり過ぎないところが、ツアーボールの通な部分で、快適でした。

30ヤードぐらいのアプローチでは、やや低めにボールを打ち出して適度なスピンでスーッと止まるボールも打てます。

さすが、『プロV1』だと感心しました。ツアーボールとしての総合力は抜きん出ています。

今までは、ヘッドスピードが遅いと使いづらいと感じる部分がありましたが、新しい『プロV1』はそれがありません。

新しい『プロV1』は、軟らかめの打ち応えなのに、しっかりした打音がするツアーボールが好きな人にはオススメです。

ドライバーで低スピンのボールを打ちたいというゴルファーにもオススメです。

V1xは繊細なゴルフをしたいゴルファーのために

動画を見てください。

『プロV1x』は、パワーヒッター用だと思っているゴルファーが多いのですけど、個人的には、ヘッドスピード40m/sでも十分に使えると思っています。

特にカチッとした感覚を好むゴルファーには『x』がオススメです。

打音に関しては、『プロV1』と『プロV1x』は大きな差がありません。少しだけショートゲームで『プロV1x』が大人しめな音量になったように感じましたが、わからないゴルファーのほうが多いと思います。

ドライバーショットは、気持ちが良かったです。

打ち応えはカチッとして、フェースのどこに当たったかがわかりやすく、初速感もあります。

ロフトよりも少し打ち出しが高いのですが、適度なスピン量がある弾道で飛んでいきます。

飛距離は『プロV1』とほとんど同じでした。ヘッドスピードが速いと、もっと差が出るかもしれません。

『プロV1x』は弾道が操作できます。過剰ではないちょうど良い感じで、曲げることへの反応が良いのです。

フェアウェイウッドでも、ユーティリティでも、アイアンでも、統一された打ち応えで、気持ち良く打てます。

スピンに関しては、ショートアイアンと寄せは、ほんの少しですが『プロV1x』のほうが、かかりが良いと感じました。

新しい『プロV1』の飛距離性能が上がったと感じたこともあって、『プロV1x』が飛ばないような気分になったのですけど、実際に2ラウンド使ってみましたが、そんなことはないのです。

弾道を作れるツアーボールは減ってきているので、『プロV1x』は、その分野でトップレベルの楽しさをゴルファーに与えてくれます。

『プロV1x』は、カチッとした打ち応えが好きなゴルファーにオススメです。昔からツアーボールばかり使っているというゴルファーにもオススメです。

どんな球を打ちたいかをイメージして、それを実現する実力があれば『プロV1x』は応えてくれます。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

新・貧打爆裂レポート『プロV1&プロV1x』ボール

カートに追加されました。


×