ヘッドスピードを上げるには肘を伸縮させることが重要!

getty

ヘッドスピードを上げるには肘を伸縮させることが重要!

お気に入り

もちろん身体能力が高いに越したことはありませんが、その体力も効率良く活かさないと、宝の持ち腐れですよね。

昭和のレジェンドプロなどは、身長が160センチ程度でも、古く重たいクラブでも、ビックリするくらい飛ばしていましたよ!

その秘密は?

肘の伸縮が要!

肘の伸縮が要!

getty

皆さん、飛ばそうとすると、いわゆる「マン振り」しますよね!

そばで見ていても力感が伝わってきます。

ところが、プロゴルファーの多くは、そんな力感なく遠くに飛ばしているように見えませんか?

手を速く振るとか、体幹で大きなスイングアークを作るといったこと以上に大事なツボがあります。

昔のプロは、重くてヘッドが走らないクラブでプレーしていました。

ですので、効率良くヘッドを走らせる方法をよく研究していたんです。

その要となるのが、肘の伸縮なのです。

アプローチに、その鍵が!

アプローチに、その鍵が!

getty

ヘッドスピードを上げようとすると、皆さんは闇雲に力んで、速く振ろうとしていませんか?

しかし、効率良くクラブの先端にあるヘッドを走らせるには、力より大事なポイントがあります。

皆さんがランニングアプローチのように、球足を使った転がるボールを打とうとする時、どうします?

手首を固定して腕全体をゆっくり動かす、いわゆるショルダースイングをしませんか?

急激な加速をすると、スピンが掛かり過ぎて、止まってしまったり……。

つまり、ヘッドスピードをインテンショナル(故意)に落としている訳です。

その代わり正確性が出ますよね。肘の伸縮も、それほど使わないですよね。

飛距離よりも正確性を重視する場合は、そのようにドライバーも打てば良いわけです。

スピンを掛けるアプローチは?

スピンを掛けるアプローチは?

getty

逆に、スピンを掛けるアプローチの場合は、どうします?

まったりゆっくりヘッドを動かします? いいえ、比較的速いスピードで、ボールを切るように加速して打ちませんか?

そう、そのヘッドの走らせ方が重要なのです。

その時の肘の動きってどうなっています? けっこう肘の伸縮を使っていませんか?

ロブで高く上げるときも、けっこう大きく肘の伸縮を使っていますよね!

ここに、単に力ではなくヘッドスピードを上げる秘密が隠されているわけです。

レジェンド佐藤精一プロの言葉

そのへんのヘッドの走らせ方については、日本プロ、日本オープンも制した「佐藤精一プロ」が、オールドファンにとっては懐かしい「自己流ゴルフ」という番組で語っているので参照にしてみてください。

どうです? 皆さんの常識とは逆じゃないですか?

大きなスイングアークで体幹を使って……ではなく、左右に小さく畳んだほうがヘッドが走るって!

目からウロコでは? (´∀`*)ウフフ

ちなみに石川遼くんのいた学校でコーチをしてる鷹巣南雄プロは、佐藤精一プロのことを「日本のタイガー・ウッズ」って表現してましたよ!

背の高さが違うので、違うように見えるだけだと!

佐藤プロ、先日のゴルフフェアでも、青木功プロに負けない元気さでしたね! (^_-)-☆

お気に入り
セベケン

ラウンド歴も45年以上になりました。 パーシモンも未だに使っています。 中古クラブの収集&使用は1000本を超えた? 「二本オープン」という2本のクラブの競技も開いております。 師匠は、あの!村口史子プロと同じ! FBに「セベケンのゴルフ」ページあります。 https://nihonopengolf.jimdo.com/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH