小さな連続素振りはいいことたくさん!やり方と効果をチェック

getty

小さな連続素振りはいいことたくさん!やり方と効果をチェック

こんにちは、ライターのとやです!

連続素振りというドリルを聞いたことがありませんか?

ビュンビュンと連続で素振りをするドリルですよね。しかもそれを小さく連続でやる素振りは、メリットがたくさんあるとっても良い練習方法なんですよ。

良い練習方法といえど、なんのための練習をしているのか頭で理解してやるのと、やっているだけでは身につく技術に雲泥の差が出てしまう場合もあるんです。

ここでは連続素振りのやり方と効果をチェックしていきたいと思います。

小さな連続素振りは切り返しとフォローで90度

小さな連続素振りは切り返しとフォローで、手首の角度が90度になるようにスイングします。もちろん「連続素振り」なのでこれをビュンビュンと何度も往復させていきます。

このとき腰はほとんど動かさず、ヘッドの重みを感じながらスイングしましょう。

両足はカカトまでべったり付けたままにします。

動画の後半はNGの動きです。

ヘッドが効いておらず、グリップが一緒にヘッドについていってしまっています。

これではボールをつかまえることができませんし、ヘッドスピードも上がりません。

ボールが右にばかり出る人はこのような動きが原因になっているかも。

このとき前傾姿勢は保ったまま。

身体の前で手首を使ってスイングします。手首を支点、ヘッドを振り子のオモリのようなイメージで行いましょう。

スイングはオンプレーンに乗せるのが大切

後方からの動画はこちらになります。

スイングはプレーンに乗せるようにして(オンプレーン)スイングします。

正面から見ると軸の傾きはわかりませんが、後方から見るとよくわかります。

小さい連続素振りで効果があること

小さい連続素振りで覚えられることは

・正しいアームローテーションが分かる

・ヘッドが走る感覚を体感できる

・フェースがターンしてボールをつかまえる感覚が分かる

いずれもボールが右に出る、スライスする、飛距離が出ない、という悩みを持つゴルファーの特効薬にすらなる可能性も。

またスイングの一番大切な部分を、身体の動きで覚えられます。ボールを打つよりもいい練習になるときもあるんです。

小さい連続素振りはベテランだってメリットがある

小さい連続素振りのドリルは、何も初心者だけの練習ドリルではありません。

ベテランゴルファーだって、スイングが崩れてくる場合がありますが、こんなとき連続素振りをするとスイングの矯正や、動きの再確認もできます。

ボールも打たず、場所も取らない良ドリルですので、小さい連続素振りをぜひコツコツやってみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×