13歳のプロ志望の女の子に教えた、ダウンブローを身につける練習方法

getty

13歳のプロ志望の女の子に教えた、ダウンブローを身につける練習方法

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、13歳のプロ志望の女の子にダウンブローを教えた話です。

ダウンブローは、ボールを打つ時の基本です。

地面より先にボールをとらえるということができないと、球筋もボールの高低も飛距離も安定しません。

ラフの芝の中にあるボールは、芝が先にヘッドに絡むため、打ってみるまで結果がわかりません。

ダウンブロー

ダウンブロー

getty

前回、少しダフリとまでは言わないけれど、気持ち厚くインパクトをしているので、ボールをヘッドの最下点の手前で打つダウンブローを教えました。

その日、何発か打ってもらうと、シッカリとダウンブローでボールをとらえていて、乾いた良いインパクト音をさせています。

教えると、何でもできるようになる、改めてジュニアの吸収力に驚かされます。

ダウンブローは、地面より先にボールに当てるのですから、飛距離も安定しますし、芝の薄い時でもシッカリと打つことができますので、上級者になるためには必修のテクニックです。

そこで、緊張感の中でもダウンブローで打てるのか、試しにゲームをすることにしました。

1センチ幅に切ったガムテープを練習マットに貼り、ガムテープを取らないようにショットをするというゲームです。

ガムテープを取らないで打つ練習

ガムテープを取らないで打つ練習

ルールは、ガムテープの上にボールを置いて(上記写真右側)ショットをします。

トップをしたら、ファールということでもう一度打ち直します。ガムテープを取ってしまったほうが負けです。

まず私が、8番アイアンで打ちクリアしました。

次に彼女も、同じ8番アイアンで打ちクリアしました。

そのように、交互に同じ番手で3発打ち、7番アイアン、6番アイアン、5番ウッドまで打ちました。

結果、私が2度ほどトップをして打ち直しをして、彼女が5番ウッドで1度トップで打ち直しましたが、二人共ガムテープを取らずに打てましたので、勝負は引き分けとなりました(彼女のフェアウェイウッドのショットに弱点を見つけましたので、近々レッスンします)。

このゲームからもわかる通り、彼女のショット力はずい分と良くなっています。

カットのアプローチ

カットのアプローチ

次に、課題のカットのアプローチを見せてもらいました。

前回よりは理解が進んでいると思いましたが、自信のあるショットには見えません。

私が見て、インパクトが安定せず、距離感を感じて打っているようにも見えません。

まだ、何か技術をつかみ切れず、シックリとしていないのでしょう。

彼女に聞いて見ると、ショットのイメージも、距離感のつかみ方も良くわからないとのこと。

感覚をつかんでもらうには、ある程度練習量が必要だと思いますので、宿題として、30ヤード、20ヤード、10ヤードのピンに寄せる練習をするようにい言いました。

その練習の時、「カットに打ったボールの軌道と、落下してからのボールの転がり方などを良く観察して、イメージできるようにしないと意味がないよ」と付け加えました。


私の書いた「シャンクとアプローチ下手にさよならをする」という少し高い本がありますので、シャンクやアプローチに悩んでいる方はぜひお読みください。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131