スコアを決定づけるショートパットの重要性を認識しよう!

getty

ゴルフ初心者

スコアを決定づけるショートパットの重要性を認識しよう!

0

ゴルフの中である意味最も練習しなくても打てるクラブはパターでしょう。初めてクラブを持った方、老若男女誰だって打てるクラブです。

しかし、最も簡単なパターが最も難しく、スコアに直結してくるのがゴルフ。そういった意味では最も練習が必要になるといえますね。

さて、そんなパターですが、最も練習していないのは1メートル以内のパッティングだと思います。

今回はそんなショートパットの重要性を考えてみましょう。

ショートパットを練習しよう!

ショートパットの練習をしていますか?

ゴルフ場に行ったとき、スタート前にパッティングの練習をされる方も多いと思います。

しかし、その時は主にロングパットを中心に距離を合わせたりする練習をするだけで、ショートパットの練習はあまりしないでしょう。

そうなると実際ほとんどショートパットの練習ができていないことになりますよね。

ショートパットは近い分、外した時の精神的ダメージも大きいものです。その後のプレーにも大きく尾を引くことになってします。

プレー前の練習では距離を合わせることも大切ですが、ショートパットもイメージを養うためにも少し打つようにしてください。

ショートパットを練習する意味は他にも!

単純に精神的な意味合いだけではなく、ショートパットを練習することには他の意味もあります。

その理由は、ストレートに打ち出せているかの確認ができるからです。

ショートパットの場合、そこまでラインを意識せずに穴の向こう側の壁に当てることでカップインさせることもできます。

プロのパッティングを見ていると、思っているより強く打ち出しているケースをよく目にしませんか?

しかし、きっちりとストレートに打てないのであれば大幅にオーバーしてしまいますよね。

距離に関係なく、パッティングにおいて最も重要なのは狙った場所へ真っすぐ打ち出せているかということ。

真っすぐ打てないと入らないショートパットはその確認作業に適しているのです。

ショートパットを外さないことはとても大事!

友達などとラウンドする際、ショートパットは「OK」とされがち。

コンペなど、完全ホールアウト(OKなし)のルール下で打たなくてはいけない場合になると、このOKパットが入らなくなるものです。

その時のスコアが少し悪くなるだけならいいですが、「ショートパットが入らない」と考えることが今後のゴルフを辛くしてしまうことでしょう。

時間に余裕があるのならOKはもらわない、自宅で1メートルくらいのパットを少しでもいいから練習するなど、よりミスのないゴルフを目指すためにショートパットをぜひ意識してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

スコアを決定づけるショートパットの重要性を認識しよう!

カートに追加されました。


×