サンドウェッジは異形がイイ?セベケンのオールドギア紹介
ゴルフクラブ

サンドウェッジは異形がイイ?セベケンのオールドギア紹介

0

皆さんの中で「バンカーは好き♪」と言い切れる人は、少ないのではないでしょうか?

曲がった時、「バンカーに入るな!」と叫ぶ人の多いこと!

不思議とアイアンはユーティリティみたいな新しい形のクラブを選ぶわりに、ウェッジはトラディショナルな、昔からあるデザインを選ぶ人が多いのでは? 

変わり種と言われるウェッジに、救世主が隠れているかもよ! (^_-)-☆

シャンク無し!

シャンク無し!

表紙に写っている、このクラブ! すごいでしょ! シャフトがフェースの後方に付いている!

昔、所ジョージさんも、このようなアイアンを開発したことが、あったような・・・。

これは、古いレディースクラブの中から見つけた一点物なので、見つけるのは容易ではないと思いますが、実際に使ってみると「やさしい」です! 

特にヒール側のソールに厚みがあるでしょ! バンカー苦手な人は「打ち込み過ぎる」傾向があるので、ヒールサイドの肉厚が砂に潜るのを防いでくれます。

昨今売れている「ドルフィンウェッジ」(キャスコ)も、同じようにヒール側のソールが出っ張っていますよね。

こちらなら、よりどりみどり! 中古も多数出回っています!↓

コンソールウェッジ

コンソールウェッジ

オールドファンなら懐かしいと思いますが、昔、村上隆プロ(むらかみたかし:日本プロゴルフ殿堂入り)が「年間グランドスラム」を達成した頃、プロアマ問わず、多数のゴルファーが使っていたウェッジです。

通常の凸型の出っ張りではなく、凹型に凹んでいますよね。ここが特徴です。

つまり、ソールの後ろが砂に当たることによって、程よく砂をかいくぐるわけです。

このタイプのウェッジは、今でもネット通販及び、中古屋さんの店頭でもたまに見かけるので、選択可能ですよ!

ものは試し! ダメ元で使ってみると、思わぬ発見があるかもしれませんよ! 

プロも使ってましたからね! (^_-)

ピンそばくん

ピンそばくん

極端なものでは、こんな形状のモノもあります。

もともとジーン・サラゼンさん(1935年、世界初のグランドスラムを達成した伝説のプレーヤー)が最初にサンドウェッジを開発した時に、飛行機の羽からアイデアが浮かんだそうですから!

原点回帰? このクラブ、丸ごと全部ソールです! 

もともとサンドウェッジは、エキストラクラブの位置付けでしたので、言ってみれば「レスキューお助け隊」なわけです。

大胆なデザインであってもイイじゃないか! ということです。これは、改良が重ねられて今でも現役で売ってますよ! (^_-) 

ちなみに私のお気に入りはリンクス♪

ちなみに私のお気に入りはリンクス♪

青木功プロ、倉本昌弘プロも昔は「リンクスのサンド」を使っていました。

アイアンは、いわゆるやさしい初級・中級用という触れ込みでしたが、そのようなセットのウェッジって、プロが使っても使いやすかったりするもんです。このウェッジは、もう40年選手ですね! 

特徴は、ソールが斜めに入っていることですね! 抜けがイイんです。これも現代版が出ていますよ! 

他にレディースの初心者用とか、大きめのキャビティーアイアンのウェッジとかにも、隠れた名器がまだまだありますよ!

サンドウェッジはソール形状で、大きく使い勝手が変わります。

「変わったクラブ!」と敬遠しないで実質的機能本位で選ぶのも、また楽しいですよ♪(^_^)/

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

サンドウェッジは異形がイイ?セベケンのオールドギア紹介

カートに追加されました。


×