こんなところだっ!バンコク☆スワンナプームGC&CC②

こんなところだっ!バンコク☆スワンナプームGC&CC②

お気に入り

今回はスワンナプームゴルフクラブ&カントリークラブ(旧プレジデントカントリークラブ)のレポート!

ロバート・トレント・ジョーンズ・ジュニアの設計で非常に有名なゴルフ場です。

EAST、WEST、SOUTH、NORTH(東西南北)36ホールがあり、1日楽しめるコースとなっています。

ドライビングレンジは、日本ではなかなかできない芝からの練習ができるので、ぜひラウンド前にプロのような練習を体験してみてはいかがでしょうか。

私が行った時は韓国のプロの卵達が練習していましたよ!

どんなコース!?

どんなコース!?

今回はSOUTH、WESTを回りました。

広々としたフェアウェイにウォーターハザード(ペナルティイエリア)が入り組む戦略的なホールが多いです。

平坦ではありますが戦略性を要求されるレイアウトでとても楽しめます。

WESTのほうは、やや木が多かったかなっ!

今回は回っていないですが、EASTは直角に近いドッグレッグホールがあり、非常に難易度が高く、プレイヤーの挑戦意欲が高まるホールが多いようです。

平日は5人プレイも可能ですが、週末は4人プレイまでです。

<コースヤーテージ>
NORTH フルバッ3555ヤード、バック3263ヤード、レギュラー3034ヤード、レディース2727ヤード
EAST フルバック3416ヤード、バック3208ヤード、レギュラー2942ヤード、レディース2680ヤード
SOUTH フルバック3559ヤード、バック3342ヤード、レギュラー3128ヤード、レディース2743ヤード
WEST フルバック3533ヤード、バック3280ヤード、レギュラー3013ヤード、レディース2691ヤード

コースは、どちらかというと南国的な景観のリゾート的なコースではないので、景観を楽しむというよりコース戦略を楽しむ方にはとても良いコースです。

将来の活躍が期待できるジュニアのマッチプレイの大会なども開催されたりしてます。腕を磨くにはもってこいのコースですねっ!

フェアウェイのコンディションも良かったです。

スワンナプームゴルフ&カントリークラブは、バンコクトップクラスの高速グリーンと言われていますが、今回はそこまで速さを感じなかったかな。

グリーンは砲台の1グリーンです。

砲台高速グリーンに3パット続出です!

普通のキャディとは違う!?

普通のキャディとは違う!?

ここのキャディさん、通常は写真のような普通のキャディさんですが、別料金を支払うとモデルさんのような超ミニスカートのキャディが帯同してくれます。

料金は700バーツほどだったかしら・・・。

かわいいキャディさんにプレイどころではなくなってしまいますね。

気になる方は下記スワンナプームのフェイスブックページでチェック!

もちろん普通のキャディさんもかわいくて気さくな女の子でしたよっ!

茶店は

茶店は

バンコクのごく普通の茶店です。

スナックはそれなりに。

カップ麺も5種類置いてあります。

全部は試していませんが、タイ独特の香料の匂いがあります。

まとめ

まとめ

SOUTHとWESTをプレイしてみた感想として、レディースティからは、比較的初心者にもやさしいコースのように思えました。

NORTH、EASTのほうが距離は短めですが、戦略性が高く難しいと言われていますので、難易度から見るとEASTの方が面白いのかな・・・。

ガイドに、1番短いパー3に4か所ティーがあるホールと書いてあるのを見ました。

どんなホールか楽しみにしていましたがSOUTHとWESTにはなかったので残念!

きっとなくなっていなければNORTH、EASTのほうかと思います

次回機会があれば必ずプレイしてみたい!!

リゾート感を満喫したい方には物足りない景観ですが、いいゴルフ場でした。

バンコクへ行った際、多彩なホールレイアウトと戦略性のある速い砲台グリーンにぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

お気に入り
☆暁☆

今年こそシングルに!といいながら振り返ればゴルフライフ21年(^^; いまだに70台の壁を乗り切れぬまま体力の衰えと飛距離の低下を感じる今日この頃。 レディースプレイヤー目線で、自分がプレイした日本や海外のゴルフ場の魅力や感じた事をストレートに伝えていきたいと思います~(≧▽≦) もちろんゴルフに関する事も!

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722

カートに追加されました。


×
グリッジカップA