新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ モデルS ドライバー』
ゴルフクラブ

新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ モデルS ドライバー』

0

今回の貧打爆裂レポートは、2019年2月22日発売の『ミズノプロ モデルS ドライバー』です。

いつものようにコースに持ち込んで、4ラウンドにわたって打ち込んできました。ミズノプロが復活して1年半。待望のドライバーです。動画も含めてレポートします。

Sは伝説のドライバーの称号だ!

Sは伝説のドライバーの称号だ!

ミズノは、名器と呼ばれた伝説的なドライバーを作ってきました。

その系譜は現在でも細々と継続していますが、ほぼ絶滅状態です。

それを知っているゴルファーにとって、『ミズノプロ モデルS ドライバー』は手に取っただけで、ウットリしてしまうドライバーです。

最初に見たときに「今どき、こんなドライバーを市場に出して大丈夫だろうか?」と心配したのです。

ドライバーの形状は、ある意味で機能美なのです。ドライバーヘッドに機能を詰め込む中で、自然発生的に形状を変化させてきました。

ゴルファーは、機能と一緒に形状も受け入れてきたのです。

『ミズノプロ モデルS ドライバー』は、そういう流れを絶ち切るように、良い意味で古いのです。

ヘッドの形状の分類でいう丸型や、ディープフェース、ハイバックは先祖返りというか、元祖というような形状だからです。

とはいえ、ゴルフ歴40年でオールドゴルファーの一人である僕にはお馴染みの懐かしいヘッドで、『これは行くでしょう!』と興奮させるヘッドでした。

ミズノがノスタルジックを最優先したドライバーを市場に出すわけはありません。

ましては、売り上げが好調だという『ミズノプロ』ブランド待望のドライバーなのです。

最先端のテクノロジーを詰め込んで、「ミズノ史上最高反発」を実現しているのが『ミズノプロ モデルS ドライバー』だと発表されました。

元々、ミズノのクラブで「S」というネームが付いているものは「シグネチャー・モデル」という意味なのです。

そのブランドを象徴するという宿命を背負っているドライバーが、ただ形状だけの見かけ倒しなんてことは……考えられないのです。

難しく、パワーが必要なヘッド形状に影響されて、力が入り過ぎないように意識しながら軽めに第一打を打ちました。

試打した『ミズノプロ モデルS ドライバー』はロフト9.5度、シャフトは「GM-1 D」のSフレックスです。

軽く打ったはずなのに、強い打ち出しでした。初速の速さは、2019年春の最先端です。

やや高めの中弾道のストレートボールは、なかなか落ちてこない棒球で、狙った所にドンピシャで飛んで行きました。

飛距離は240ヤード。僕のヘッドスピード(40メートル/秒(m/s))を考えると完璧なドライバーショットでした。

見た目とは裏腹で、ぶっ飛びの扱いやすいドライバーだというのが第一印象でした。

遠く、そして、正確にというドラマチックなモデルS

動画を見てください。

『ミズノプロ モデルS ドライバー』を4ラウンド、かなりたっぷりと試打しました。

撮影と無関係のプライベートなラウンドにも持ち込んでプレーしました。

トップレベルに飛びます。ボールの高さは控え目ですが、よく転がってくれるので、トータル距離は最高レベルです。

打音は短音で澄んだ音ですが、少し大きめです。これが、初速が速い打ち出しとマッチしていて好印象でした。

打ち応えはしっかりしています。フェースのどこに当たったのかが、インパクトの瞬間に明確にわかります。

悪い言い方をすれば、見かけ倒しかもしれません。『ミズノプロ モデルS ドライバー』はやさしいのです。

やさしさにはいくつか種類がありますが、わかりやすいのは、芯を外したときの許容範囲の広さです。

ヘッドの形状から真芯以外は機能しないような感じがしますが、多少外れても飛距離は落ちません。

そして、直進性が高く、ドローもフェードも打てますが、曲がりづらいというやさしさも感じました。

プロの使用を意識しているので、ヘッドスピードが速いゴルファーにもマッチすると思いますが、ヘッドスピード40m/sでも十分に使えます。

個人的に本当にすごいと感心したのは、フォルムです。

構えたときの安心感はゴルファーによって違うので正解はありませんが、2019年に販売されているドライバーの中でぶっちぎりの一番でした。

狙いと弾道が構えただけでピッタリと来る相性の多くは、構えたときのフォルムで決まります。

4ラウンド使用して、OBはゼロ、フェアウェイを外したのも数回でした。

『ミズノプロ モデルS ドライバー』は、その見た目から特別なドライバーです。

やさしさを追求するあまり、いろいろと余計な機能が邪魔になるドライバーが多い中で、何も足さず、何も引かず、ナチュラルに打てるドライバーは貴重です。

『ミズノプロ モデルS ドライバー』はクセがないのです。自分を映す鏡のようなクラブです。

挑戦意欲を持ったオールドゴルファーやクセがないのに機能的には何ら我慢をしなくて良いドライバーを求めていたゴルファーに使ってほしいです。

狙い通りの弾道をイメージしてドライバーを打つゴルファーにもオススメです。

遠く、そして、正確に……。ゴルファーの願いは古今東西変わりません。

『ミズノプロ モデルS ドライバー』は、願いを叶えるためにクラブがするべきことだけを高次元でやってくれます。

ミズノ史上で最も飛ぶドライバーだと感じました。

わかるゴルファーだという自覚があり、面白そうだと感じたら、一度手に取ってみることをオススメします。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

新・貧打爆裂レポート『ミズノプロ モデルS ドライバー』

カートに追加されました。


×