腰使いがゴルフスイングの肝!?練習で腰の回転を体感するには?
ゴルフスイング

腰使いがゴルフスイングの肝!?練習で腰の回転を体感するには?

0

ゴルフのレッスンやレッスン動画などでよく言われるのが“腰の回転”。

重要だとわかってはいても、どう動かすのが正しいのか、いま一つつかめない人も多いと思います。

この記事では、腰の回転のポイントを体に覚えさせ、スイングを安定させるためのトレーニングをご紹介します。

1.肩と腰、回転角度の理想は?

スイングをするとき、トップではどれくらいの捻りが理想なのかご存知ですか?

一説によると、肩は90度、腰は45度の捻りが理想だと言われています。

トップに向かって腰を十分に捻り、その状態で肩甲骨を動かすと、自然と肩が回ると思います。

理想の角度まで動かせると一番いいですが、難しいという方はできる範囲で捻ってみてください。

このとき、もしも肩か腰のどちらかが極端に動きが悪いという時は、可動域を拡げるトレーニング(ストレッチ)をおすすめします。

2.壁(イスの背)にお尻を付けてシャドースイング

まず、腰をしっかり回転させるトレーニングをしましょう。

壁(イスの背)にお尻を付け、腕は胸の前でクロスさせて組み、前傾して体の回転だけでスイングしてみましょう。

このとき、テークバックでは右のお尻が壁に付き、フォローでは左のお尻が壁に付くようにします。

こうすることで、前傾姿勢を維持したまま、腰が回転する感覚が身に付くはずです。

慣れてきたら、クラブは持たずに、両腕を伸ばしてグリップするようにしてシャドースイングしてみましょう。

腕を振らなくても体(腰)の回転に腕が付いてくることがわかると思います。

3.ビジネスゾーンの動作を徹底的に叩き込む

ビジネスゾーンとは、インパクトの前90度、後90度を言います。つまり、振り幅で言えば、腰から腰(9時から3時)までですね。

このゾーンで正しく動作を行うことが、パワーのある打球につながります。このゾーンでの体の使い方を徹底的に反復してトレーニングしましょう。

大切なのは、左脇を締めて打つこと。右腕と左腕の間にできた三角のゾーンを崩さないようにして腰の回転でインパクトし、腰まで振りましょう。

両腕が常に体の正面にある感覚で振るのがポイントです。

アドレスで脱力して腕にヘッドの重みを感じながらも、体の回転、腰の回転だけでクラブを振る感覚をつかんでください。

慣れてきたら、スイング幅は変えずに、腰から腰の範囲でできるだけ速く腰を回転させてみてください。

腕を使わずに体の回転で打つということが体感できると思います。

4.プロのスイングを研究してみて

独学で行うトレーニングでは、正しい腰の回転がうまくイメージできないという方は、プロのスイングをよく見て、フォームのお手本にしてみてください。

プロであれば、腰の使い方がおかしいということはまず考えられません。

できれば、動画サイトなどでスローモーションのスイング動画をチェックしてみて、自分の腰の使い方との違いを確認してみてください。

上のリンク先は、松山英樹選手のスイングを芹沢信雄プロがわかりやすく解説しています。


いかがでしたか。

ゴルフの基本的な要素である腰の回転。

重点的にトレーニングをすることでスイングを安定させ、再現性のあるスイングを身に付けることができます。

この記事で紹介したトレーニングもぜひ練習に取り入れてみてくださいね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

腰使いがゴルフスイングの肝!?練習で腰の回転を体感するには?

カートに追加されました。


×