“訳がない”ゴルフが自分を救う!最低限のゴルフをするには!?

getty

“訳がない”ゴルフが自分を救う!最低限のゴルフをするには!?

お気に入り

ゴルフをしていると理想のショットを思い浮かべます。

こう打てればいい、きっと最高のドローボールで打てる、と。

そんな期待は多くの場合で淡い期待となってしまうものです。

「最高のショットが打てる」と勘違いするのではなく、「そんなショットは打てるわけない」とへりくだって考えてみるゴルフが、実は好スコアにつながったりするかもしれません。

過度な期待は厳禁!

過度な期待は厳禁!

getty

ある程度ゴルフを覚えると、かっこいいショットが打ちたくなります。

例えば「小さいグリーンへ高弾道でパーオン」や「スタイミーな木を避けるフックで花道まで運ぶ」など、打てることができれば気持ちいいショットですね。

しかし、普通のショットでも多くのミスが出るアベレージゴルファーにおいて、そんなショットが打てる訳がありません。

いや、シングルの上級者でもなかなか打てないのではないでしょうか。

そう考えるとかっこいいショットや最高のリカバリーショットはすごくミスにつながりやすく、スコアを良くするためには必要のないショットになります。

打つ前にしっかりとそのことを思い出してください。

できる限り無駄なショットをなくす!

できる限り無駄なショットをなくす!

getty

では、どうすればいいのでしょうか?

パーオンではなく、次打で確実にグリーンに乗せられる距離までアイアンで刻むようにしましょう。

スタイミーな木が目の前にあれば、左右に出して打ちやすいライまで運ぶようにしましょう。

こうすればミスショットを未然に防いだり、最低限のミスで済ませられるようになるのです。

いいショットが自分に打てる“訳がない”、ではどのようにすればいいスコアで回れるのだろうか、としっかりと考えてゴルフをするようにしましょう。

自分にできる最大限のゴルフを!

自分にできる最大限のゴルフを!

getty

確かにまぐれでいいショットができるときもあります。

しかしそんなショットはスコアに結び付きません。なぜなら自分の身の丈を超えたゴルフなのですから。

自分がそのときにできる最大限のショットを考えて行うとスコアは必ず向上します。

ゴルフの本当の喜びは最高のショットが打てたときではなく、最高のスコアで回れたときに感じられるものなのです。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人