【必見!】悩まない!重量別・長さ別、最適ドライバーの選びかた

お気に入り
最初に購入したクラブセットでは満足できなくなった時、まず最初に買い換えようとするのがドライバーではないでしょうか。

「もっと遠くに飛ばしたい、もっと遠くに飛ばせるはず」

そんな思いからドライバーを買い換えようとしますが、いざ購入という時にさまざまな長さや重量のドライバーがあって、どれを選んでいいのか困りますよね。

そんな人のために、重量別・長さ別の最適ドライバーの選びかたを紹介します。

ドライバーの長さ別の選びかた

重量別の選び方を紹介する前に、まずは長さ別の特徴や選び方について紹介します。

なぜならドライバーはまず、長さで選ぶことが重要だからです。

もちろん長ければ長いほうが、ボールは遠くまで飛んでいきます。

ただし、「上手く振れて」「まっすぐに飛べば」という条件付きですが。

そうです、長いドライバーは振るのも、まっすぐに打つのも難しいのです。

多くのプロゴルファーが、44.75インチから45インチ程度の長さのドライバーを使っています。

また、最近のPGAツアーでは、43.5インチや44.5インチなどの「短尺」ドライバーで飛ばす選手も増えてきました。

「長尺で飛距離アップ」をうたうドライバーも市場には少なくないですが、そのようなドライバーで飛距離アップの恩恵が得られなかった場合、上手く振れていない可能性を疑ってください。

そして、そのような場合は、「上手く振るように練習する」よりも「45インチ以下の短めのドライバーに交換する」ほうが手っ取り早いです。

ゴルフクラブの重量別の選び方

長さ別のドライバー選びで長さが決まれば、次は重量について考えます。

基本的な考え方は、手持ちのクラブセットの中で、クラブが長くなればなるほど、クラブの重量が軽くなるようにセットを選ぶ必要があります。

ドライバーだけを買い換えた結果、フェアウェイウッドよりもドライバーのほうが重いなんてことがないようにしてください。

クラブが長くなれば、それだけ振る抵抗(クラブの慣性モーメント)が増えるので、その分軽くするのです。

ドライバーからパターへとだんだんと重くなっていくというクラブセット、これが重量選びの基本です。

長いドライバーを使いたい人は重量を軽くする

長さ別の選び方で「短いほうがいい」と書きましたが、長いドライバーを上手く振れる(ヘッドスピードが上がる)人は、長いドライバーを選んでもいいでしょう。

上記の重量別の選び方を習って、総重量が軽いクラブを選びましょう。

特に現在使っているものよりも長いものを選ぶ場合、今のクラブよりも重いものを選んでしますと、今のクラブが合っている場合、とても振りにくくなります。

長いドライバーに変える時は重量を軽く、逆に短くする時は重量を重くするのがよいでしょう。

ドライバー選びの理想は、同じ重さと同じ長さで揃えること

ドライバーを購入する時に上記の長さ別、重量別の選び方を考慮しない人は多いです。

では、どのように選んでいるのかというと、実際に手に取って、スイングしてみたフィーリングで選ぶことがほとんどです。

しかし、このフィーリングが落とし穴です。

他のクラブセットの重量と長さのバランスを考慮して選ばなければ、実際にラウンドに出た時に、ドライバーだけ他のクラブと違う打ち方が必要になってしまいます。

そうならないために、ドライバーを買い換える時は以前使っていたものと同じ重さ・同じ長さのものを選ぶようにしましょう。

ドライバーの長さと重さは買えずに、ヘッド形状やロフト角、シャフトの硬さに変化をつけることで新しいドライバーを使えば、新しいドライバーにもすぐに慣れるでしょう。

いきなり使用中のものとかけ離れた特性のドライバーを選ばないようにしましょう。

ただしこれは、現在使っているドライバーの重さと長さがちょうどいい場合の話です。

もちろん、使用中のドライバーが「重過ぎる」「軽過ぎる」と感じている場合は、それぞれ「今よりも軽い」「今よりも重い」ドライバーを選びます。

その際は、フェアウェイウッドと重量が逆転しないように注意しましょう。


今回は新しいドライバーを購入する際の注意点をおさらいしました。

最高の相棒に出会えることを願います!
お気に入り
sakabeeee

ゴルフ・酒・ランニングが趣味です!

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016