速いグリーンは高さで止める!ハイボールの基本の打ち方!
ゴルフスイング

速いグリーンは高さで止める!ハイボールの基本の打ち方!

0

プロの試合を見ているとアイアンでハイボールを打ち、グリーンの上でピタッと止めるというシーンをよく目にします。

これを真似したいと思うのですが、なかなかハイボールが打てなくて苦労することも。

そこでここではハイボールの打ち方を紹介します。

ある程度のヘッドスピードは要しますが、ぜひチャレンジしてみてください。

いつもよりクラブを長く握ろう!

まずクラブを握るときから、ハイボールの打ち方は始まっています。

アイアンをいつもより長めにグリップします。

そうすることでシャフトが長く使えるため、ヘッドスピードが速くなる効果があります。

それと同時にバックスピンがかかる量が増えるため、自然とボールが高く上がるようになります。

簡単に思えますが、長く持つといつもと構える位置が変わってくるため、同じ感覚では打つことができません。

しっかり練習しておかないとフェースの芯でとらえることは難しいでしょう。

ボールの位置をいつもより左足よりにセットしよう!

ハイボールを打つには、ボールの位置も意識しなければなりません。

いつもよりボールの位置をボール1半分から1個分くらい左にセットします。

インパクトのタイミングがわずかに遅くなる分、フェースが上を向いた状態でインパクトしやすくなるからです。

また、シャフトの先端もしなり戻ってフェースが上を向く時間が稼げるのです。

アイアンのスイングは緩やかなダウンブローが普通ですが、ハイボールを打つ時はさらに緩やかにする必要があります。

真横からボールをとらえるイメージでもいいでしょう。

体重をいつもより右側重心にする!

次に、ハイボールの打ち方として大切なのは、重心の位置です。

より高い球を打ちたいと思ったら、アドレスの時に右足に体重を多くかけるようにします。

そうすることで全体的に体が右に傾くことになります。

右側に傾くことで自然とボールをすくい上げるように当たります。

そうすることでハイボールが生まれるのです。

このとき注意するのは、ボールをすくい上げるのはあくまでもフェースのロフトやシャフトであって、スイングではないということです。

なので、体自体は若干右側を下げて構えるものの、スイングはいつも通りを心がけて、ボールをすくうような動きをしないようにしましょう。

フィニッシュを高めにする!

アイアンでのハイボールの打ち方として、最後はフィニッシュ時の意識が挙げられます。

インパクトの後のフォロースローをいつもより高く取るイメージが非常に大切です。

そうすることでよりボールを持ち上げるように打ち抜くことができます。

打った後に意識するのではなく、打つ前からフォロースローをしっかりしようと思うことが、プラスに働くのです。


以上のことを意識しながら打つと、自然とハイボールが打てるようになります。

グリーンが硬くて止まりにくい日や、アイアンでも距離を出したいときなど、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

速いグリーンは高さで止める!ハイボールの基本の打ち方!

カートに追加されました。


×