75歳で年間70ラウンドする人が生徒になった話(その1)

getty

75歳で年間70ラウンドする人が生徒になった話(その1)

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、75歳で年間70ラウンド以上プレーをするs様のお話です。

ビッグキャリーゴルフショップの生徒の紹介

ビッグキャリーゴルフショップの生徒の紹介

s様は、私の生徒様のt様のご紹介で、生徒になっていただきました。

s様とt様は、友人で作るコンペに毎回参加している仲間です(これまでに200回近く開催しているそうです)。

t様が最近ゴルフの成績がいいので「何で最近腕を上げたんですか?」と聞いたところ、「ビッグキャリーゴルフショップの河野さんにゴルフを習っている」と明かしてくれて、「少し変わった教え方をする先生だけど、sさんも習ったほうがいいよ」と言われたのでご来店いただいたそうです。

それをきっかけに、私の生徒様になっていただきました。

お話を伺うと、今までに年間で最高120ラウンドしたことがあるそうです。

今までに、数十回もレッスンを受けたこともあるそうですが、一向に良くならないとのことでした。

お年寄りのスイング

当店の試打室にてボールを打っていただいたところ、以下のような特徴がありました。

・テークバックが浅い

・ボールに当てて終わり

・飛ばしたいので、ヘッドを強く叩き付けるのでダフりが多い(頭の上下動が多い)

・左肘が引ける

ラウンド数の多いお年寄りに多いスイングの典型のような方です。

ラウンド数が多いので、安定してボールに当てるためには、大きなスイングをしていては、ボールに当たりません(そのためテークバックが浅くなります)。

飛ばすためにはスナップが必要ですが、スナップを使うと不安定で怖くて使えません。それも飛ばない原因のひとつです。

それでも飛ばしたいので、思い切りヘッドを叩き付けますので、ダフりが多くロングショットが苦手になります。

小技でしのぐゴルフです

しかし、年間で70回ほどゴルフをしていますので、グリーン周りは自信があるので80台も時々出るという状況です。

私「どんなスイングにしたいのですか?」

s様「一番は飛距離が欲しいですね」

私「そうでしょうね、まずは振り切れるスイング作ることを目指しましょう」

s様は少し太り気味で、170センチくらいの身長でおっとりとした方です。

私「今までに何回かプロにレッスンを受けたそうですが、s様の場合、ワンポイントレッスンではスイング変更は難しいので、週1のペースでしばらく通っていただくようになりますがよろしいですか?」

s様「ゴルフだけが楽しみですから、変われるなら通います」

そのような経緯で生徒様になっていただきました。

次回は、練習方法です。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×