もしもカップの直径が倍になったら、ショットメーカーが有利になる!?

getty

ライフスタイル

もしもカップの直径が倍になったら、ショットメーカーが有利になる!?

0

カップの大きさは、ルールによって直径4.25インチ(約108ミリ)と決められています。

これはセントアンドリュースのコース管理人トム・モリスがたまたま近くにあった水道管を利用したことがルーツですが、彼が見つけた水道管がもう1インチ大きかったり、小さかったら、ゴルフの歴史も変わっていたでしょうね。

「カップの大きさを8インチにしよう」というサラゼンの提案

普段、当たり前のようにプレーしている108ミリのカップですが、なんとも絶妙な大きさだと思いませんか?

これより小さくては、プロでも3パットが続出するだろうし、これより大きくては、シビれるようなパットが減って、優勝争いもつまらなくなることでしょう。

直径108ミリという大きさは、他に置き換えようのない数値だといっていいのですが、1934年、アメリカのプロトーナメントで、カップの大きさが直径8インチ(約203ミリ)に変更されたことがあるのです。

言い出したのは、ジーン・サラゼンでした。

曰く「大きいカップはパットの負担を減らし、偉大なショットメーカーがその恩恵を得る」。

この主張にトーナメント主催者が同意したのです。

ショットメーカーが報われないのがパッティング!?

たぶん、サラゼンはショットは得意でも、パットが苦手だったんでしょう。

せっかくナイスショットを打っても、カップの近くに乗せても、パットが下手ではバーディーは取れませんからね。

ところが、プロの中には、ショットの精度は自分より落ちるのに、長い距離から次々にボールを沈めるパット巧者がいます。

「パット・イズ・マネー」というように、パットの出来不出来はスコアを大きく左右するものですが、それではショットメーカーは報われないと、サラゼンは考えたわけです。

ショットメーカー vs パット巧者

アマチュアゴルファーでも、パットが苦手な人ならば、思わず同意しそうなサラゼンの提案ですが、実際のトーナメントの結果はどうだったんでしょう?

優勝したのは、当時ショートゲームの達人といわれたポール・ラニアンという選手でした。

優勝スコアは、当時としては驚異的なハイスコアの25アンダーで、2位との差は11ストロークという圧勝でした。

というわけで、カップの大きさを2倍にしても、得をしたのはパットの名手だったのです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

もしもカップの直径が倍になったら、ショットメーカーが有利になる!?

カートに追加されました。


×