ゆっくり振れば速くなる!?「ゆっくりスイング」のメリットと練習法
ゴルフスイング

ゆっくり振れば速くなる!?「ゆっくりスイング」のメリットと練習法

0

思いっきりフルスイングをすると気持ちよく、たくさん練習をした気になってしまいますが、長い目で見てしっかりと上達したいのであれば、ゆっくり振る練習方法が効果的です。

ここではゆっくりとしたスイングによって得られる効果をお伝えしていきます。

ゆっくりしたスイングは難しい!?

速くスイングすることが難しいと思っている人は多いようですが、実はゆっくり振ることはそれ以上に難しいことかもしれません。

しかし、逆に言えばゆっくり振るスイングをしっかりと行えるようになれば、スイングのスキルは確実にアップしているということにもなります。

練習方法は、しっかりとスイートスポットにヒットさせる事に意識を集中させることです。

これによって通常通りに速いスイングをした時でもクラブのコントロールが格段に上がっているはずです。

飛距離を伸ばしたいならゆっくり振る練習が効果的

飛距離を伸ばしたいと悩んでいる方にオススメの練習方法は、ゆっくり振るという練習です。

ゆっくりスイングすると、自身のスイングを理解できると同時にクラブのコントロールを良くする事にも直結します。

飛距離を伸ばすにはパワフルなスイングをしなければならないと思い込んでいる人が多いようですが、一概にそうともいえません。

それほど速くないスイングでもしっかりとミートすれば、十分に飛距離を伸ばすことが可能です。

飛距離を伸ばしたいと考えている方はゆっくり振る練習を取り入れてみてください。

力まないことが大切です

ゆっくり振る練習方法はとても効果的ですが、実際にこの練習を行うに当たっての注意点をお伝えしておきますと、力まないということです。

力んだ状態でゆっくりスイングをしても、コントロール力が付きません。

スイングを速くした時とは別の力が加わってしまっているので、実際のスイングに役立ちません。

どうしても力が入ってしまう時は、軽く打つことをイメージしてみましょう。

遠くまで飛ばそうとはせずに、確実にスイートスポットに当たるように心がけて、リラックスして練習に臨んでみてください。

ゆっくりなスイングにはこんなにもメリットがある

ゆっくりとスイングをする練習方法にはさまざまなメリットがあります。まずはヘッドスピードがあがり、飛距離が伸びるという事です。

また、グリップが柔らかくなるという効果もあります。ボールの方向性も格段に安定するでしょう。

ゆっくりしたクラブのスピードでも安定してクラブをコントロールできるようになりますので、グリーン周辺のアプローチでもダフりやトップが減り、アプローチ上手になります。

このように、ゆっくり振る練習にはたくさんのメリットがあるので、今よりも上達したいと考えている方は、ぜひともこの練習方法を取り入れてみてください。


ここまで、ゆっくり振る練習とその効果についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

多くのゴルファーが抱えている悩みを解消してくれる練習方法です。

地味な練習ですが効果は絶大ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ゆっくり振れば速くなる!?「ゆっくりスイング」のメリットと練習法

カートに追加されました。


×