フィニッシュ時に肩が水平に回っていれば、左足でバランスよく立てる

getty

フィニッシュ時に肩が水平に回っていれば、左足でバランスよく立てる

お気に入り

しっかりフィニッシュのポーズが取れるかどうかは、そのショットのカギを握るほど重要なポイントになります。

「フィニッシュはスイングの通信簿」という表現をするプロもいます。

フィニッシュは結果です。

ナイスショットであれば、その場でバランスよく立っていられるのです。

左足1本で立っていられればOK

左足1本で立っていられればOK

getty

ところが、その場に立っていられないとしたら、そのスイングのどこかに問題があったのです。

その意味では、逆算してスイングをチェックできるのがフィニッシュといえます。

ゴルフスイングの中でも重要な意味を持つのがフィニッシュですが、そこで完全に左足体重になり、左足1本ですっと立つのが理想です。

右足は支えの役目で、かかとを大きく上げたつま先立ちになります。

体は胸が目標の左を向くくらいターンさせていきます。

それに合わせて、右肩も目標の少し右を指すくらいのポーズが取れれば、理想形に近い姿勢になります。

肩を水平に回せば、大きく体を回転できる

肩を水平に回せば、大きく体を回転できる

getty

手はそれほど高く持っていきません。

手を高くすると、クラブを持ち上げる動きが、肩を縦に回転させることになり、フォロースルーが大きく取ることができなくなるのです。

それよりも、伸ばした右腕に引っ張られるように肩を水平に回していけば、右肩がアゴの下に入り、大きく体を回転できるのです。

ただ、ここで注意したいのが「水平」の意味です。

フィニッシュ時に、肩が水平に回っていればOKですが、たまにこの意味を勘違いして、スイング中に肩を水平に回そうとする人がいます。

スイング中は前傾しているので、スイングの軸(背骨)の傾きの分、地面に対しても肩の回転面は傾いているので注意してください。

完璧なフィニッシュの確認法

完璧なフィニッシュの確認法

getty

完璧なフィニッシュが取れたかどうかの確認法としては、その場でフィニッシュのポーズをとったまま5秒間静止する方法があります。

全体のバランスさえ良ければ、左足だけでも立っていることができるものです。

もうひとつの確認法は、打ったらそのまま目標方向に歩いていくという方法です。

体重が完全に左足に乗り切れば、右足は目標のほうに出して、そのまま歩いて行けるはずです。

練習場などで、歩くまでは行かなくても、一歩右足を前に出してみるなどして確認してみてください。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH