Gride

gettyimages/686498338
getty

初心者

Karen

冬のゴルフ!寒さ対策のポイント!

最近はだいぶ寒くなってきました。

そんな中でもゴルフはやめられない、そんな皆さんに真冬にゴルフをする際の寒さ対策のポイントをお話しします。

1.風を遮るパンツ

getty

真冬に最も寒さを感じるのは、風が吹いた時です。

凍えるような風が体を一気に冷やしてしまいます。

特に下半身が冷えると、体が回らなくなり、手打ちのショットになってくるので気を付けなければいけません。

そのためには、パンツは風を通さない生地にしましょう。

ウインドブレーカーのような生地であったり、布でも特殊な加工がしてある生地がありますよね。

もしそういうパンツを新たに買いたくないのであれば、タイツを履いていきましょう。

ユニクロのヒートテックなど、防寒用のタイツがおすすめです。

2.調整できる上着

getty

真冬のゴルフでも、日中になると日が出てきて、体も温かくなり、汗をかき始めます。

その際に上着も調整できるようにしておいたほうがいいです。

例えば、長そでのポロシャツの上に厚手のセーターとその上にベストにもなるダウンジャケットを着る、という感じです。

これであれば、早朝寒い時は、ダウンジャケットのままプレーし、だんだん体が温かくなってきたら、ダウンベストにして、午後暑くなってきたらセーターだけにする、と段階的に調整できますよね?

3.屋外活動用の使い捨てカイロ

皆さん、使い捨てカイロの中に、ゴルフなどの屋外活動用のものがあるのを知ってますか?

私も最近知ったのですが、ゴルフなどで極寒の山中にいても効果を一瞬で感じるように、普通のものより高温になるようになっているようです。

確かに普通のカイロだと、あまりに手が冷え過ぎて、持っても何も感じないときがあります。

ただ、この高温のカイロであれば、温かさをすぐに感じられ、ショットの前に握っておけば、手がかじかんでダフることもなくなるかもしれません。