Gride

gettyimages/495112025
getty

初心者

kengolf

力み防止に効果あり♪いつものグリップにひと工夫でヘッドが走る♪

こんにちは。

kengolfです。

今回はミスショットの原因、力みを防ぐ練習方法を紹介したいと思います。

意外と効果てきめんなので、一度試してみてくださいね。

皆さんの参考になれば幸いです。

グリップを強く握り過ぎると……

getty

ゴルフのグリップって、握る時の力加減がかなり難しいですよね。

特に冬の時期はつい身体に力が入り、強く握り過ぎてしまいます。

グリップを強く握り過ぎると、クラブヘッドが走らないばかりか、身体全体も上手く使えないために、スイングが困難になってしまいます。

私もよく力んでしまうので、私がよく行う練習方法をご紹介します。

良かったら参考にしてみてくださいね。

グリップにタオルを巻いて打ってみよう♪

getty

ゴルフを始めて、最初のレッスンに行った頃、教えてもらっていた先生に、「力み過ぎなので、タオルを巻いて打ってみてください」と言われ、グリップの上からハンドタオルを巻いてよく練習していました。

この練習方法を行うと、自分なりの適度なグリッププレッシャーがわかります。

最初の頃って、グリップの正しい握り方と正しい力の入れ方を把握するのがかなり難しいんですよね。

タオルを使った練習方法を行うと、上半身をしっかり動かしてスイングする感覚もわかりやすい気がしています。

最近では、練習最初のアプローチ練習で、右手側にハンカチを巻いています。

ついつい右手を強く握り過ぎちゃうためです。

左手の小指と、右手の人差し指をあえて離して打ってみる

getty

グリップを強く握り過ぎてしまう場合、左手の小指と右手の人差し指を握らずに打ってみるのもオススメです(右利きの場合)。

これは、インパクトの際には意外としっかり握っているんですが、最初に強く握り過ぎることを防止することができます。

結局、ボールにコンタクトする時はしっかり握るので、多少外して打っても大丈夫というのが体感できます。

慣れないうちは、ハーフショットや30ヤード前後のアプローチで練習してみると、感覚がつかめると思います。

慣れてくると、クラブヘッドがスムーズに動く感覚がつかめてくると思います。

私の場合、バンカーショットは今でも右手の人差し指を離して打ちます。

私の場合、そのほうが上手くバンカーでヘッドが走ってくれるためです。

グリップを強く握り過ぎて力んでしまうという自覚のある方は試してみてくださいね。

皆さんの参考になれば幸いです。