マグレじゃなくて、ドライバーの落としどころを確実に定めたい!

getty

マグレじゃなくて、ドライバーの落としどころを確実に定めたい!

どうしても攻略できていないホールがあります。

相模野カントリー俱楽部 愛川コースのNo.4ミドルホール(パー4)。

ホームコースなので、ココでパーもバーディも取ったことはあるんですが、それは「攻略できた」のではなく、「たまたま取れた!!」なのです。

つまり、狙いどころが定まっていないから、ボギー、ダブルボギーの可能性もあるというコト・・・。

何処を狙えばいいのかわからない!

何処を狙えばいいのかわからない!

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース4番ホール、同コース公式サイトより)

こちらのホール、右には池があります。左はOBが浅く、Aグリーン・Bグリーン共にバンカーで覆われています。

飛距離180ヤード程度の女子であればドライバーの落としどころは、池の左側と決まってきます。

ただ、飛距離230ヤード前後あり、池は難なく越えるメンズであれば、ドライバーの落としどころは、池の先の広くなったフェアウェイのどこか! というコトになりそうですが、そうもいかないのです・・・。

先に見える大きな木が鬼門になります。

先に見える大きな木が鬼門になります。

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース4番ホール、同コース公式サイトより)

ティーショットのとき、どこを狙えばいいかわからないまま打つと、どこに行くかわからないのは私だけではないと思います。

ゴルフはティーグラウンドからカップインするまでボールをリレーするゲーム!

まずは最初のティーショットが乱れては、そこから先のリレーは立て直すことで精いっぱいになってしまいます。

右は池、左はOB、AグリーンとBグリーンの間には枝ぶりのいい樹木があります。

この樹木が明暗を分けます。

この樹木が明暗を分けます。

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース4番ホール、同コース公式サイトより)

ナイスショットすると230ヤードという方は多いと思います。

ただし、230ヤード飛んでしまうと、ちょうどこの樹木の枝の下にボールは落ち、バンカーに囲まれたグリーンを1打では狙うことが難しくなります。

なんとかバンカーを低い球で乗り越えてもその先にもバンカーがあるという試練・・・。

やっぱりドライバーの落としどころが2オンには不可欠なだけに、ちゃんと点で狙いたいところ!!

右側のAグリーンなら池越えを狙い、左側のBグリーンなら左バンカーの右側をバンカーに入れないように狙うしかない。

『2つのグリーンの場合、ドライバーショットから狙いどころが変わることがある』

『ドライバーショットで2オンできるかどうか決まる』

次こそマグレではなく、狙ってパーを取りにいきたいと思います。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×