どうしてアマチュアはダウンブローに打ち込めないのだろう?

getty

どうしてアマチュアはダウンブローに打ち込めないのだろう?

お気に入り

プロゴルファーにとっては当然のことですが、アマチュアゴルファーにはなかなかできないのが、ダウンブローです。

プロのアイアンショットは、最下点がボールの先にあるため、クラブヘッドが下降しながらボールをヒットします。

すなわち、この打ち方がダウンブローですが、これでインパクトでボールを押し込むことができて、尚かつロフトが立っていますから、方向性が良く、飛距離も出るのです。

ボールを上げようとするから、アッパーブローになる

ボールを上げようとするから、アッパーブローになる

getty

一方、アマチュアゴルファーは、クラブヘッドの最下点でボールをヒットしようとしたり、ボールを上げようとする意識が強かったりするため、ダウンブローどころか、むしろアッパーブローになりやすいのです。

それ以前に、そもそもアマチュアにはダウンブローという打ち方そのものに恐怖感を抱いている人もいます。

地面にクラブヘッドを打ち込むことが怖いのです。

しかし、それではボールの手前を打つダフリやトップが出て当然です。

仮に上手くヒットできたとしても、ロフトが立っていませんから、思ったよりも飛距離が出ないということになります。

インパクトでスイングは終わりと考える

インパクトでスイングは終わりと考える

getty

それでは、どうしたらアマチュアでもダウンブローに打てるのか考えてみましょう。

ここは技術論ではなく、まず心構えの問題としてとらえてみます。

結論から言いますと、アマチュアはスイングの後半に意識があり過ぎるのです。

言い方を変えれば、目標に対して、ボールを運ぼうという意識が強過ぎるのです。

だから、ボールを上げようとして上半身が起きたり、体全体が伸び上がったり、結果を早く知りたくて、ヘッドアップをしたりするのです。

ゴルフスイングでは、バックスイングやダウンスイングとは言いますが、フォロースイングとはあまり言いません。

つまり、あえて極論を言えば、ゴルフスイングはインパクトで終わりなのです。

アドレスの姿勢が決まったら、ボールに向かって切り返すだけ

アドレスの姿勢が決まったら、ボールに向かって切り返すだけ

getty

プロは、ターゲットと球筋が決まったら、アドレスでイメージしたボールが打てる姿勢を作ります。

ある意味、ここが一番重要で、それさえ決まれば、あとはバックスイングに入ったら、やるべきことはボールに向かって切り返すだけです。

インパクト後に何かをしようとしても、すでにボールは飛んで行ってますから、スイングはインパクトで終わっています。

そして、その意識があれば、当たり前のようにダウンブローで打てるのです。

もちろんプロは、フォロースルーもきれいだし、フィニッシュもしっかり取っています。

しかし、それはクラブヘッドが加速していて、体の回転も急には止められないから、そうなるだけの話なのです。

まずは「スイングはインパクトで終わり」と考えてスイングしてみましょう。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA