ダフリもトップも原因は同じ!?いったいどういうことなのか?

getty

ゴルフスイング

ダフリもトップも原因は同じ!?いったいどういうことなのか?

0

ダフリとトップは、インパクトの感触も結果もまったく違いますから、原因もまったく違う別物のミスショットだと思っている人も多いことでしょう。

ダフリとトップが交互に出てしまう日などは、どうしていいのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。

しかし、アマチュアゴルファーのダフリとトップというミスは、同じ原因から生まれていることも多いのです。

一度ダフったあとにボールをヒットしているのがトップの原因

まず、本来のトップボールというのは、ボールの赤道よりも上部に直接クラブヘッドがヒットして、低いライナー、あるいはチョロという結果になるボールです。

しかし、そのようなトップが出てしまうアマチュアは、あまりいないのです。

確かに、クラブの刃先でボールの頭を打って、グリーン周りから低いライナーでOBを打つ人もいますが、それはボールの手前で一度クラブが地面に触れてからインパクトしている場合が多いのです。

インパクトで直接ボールをヒットした場合、鋭角的なインパクトであるなら、地面にボールがめり込まなければ、物理的におかしいはずです。

ほとんどの人は、ボールをヒットした感触、つまり打感だけで、トップという間違った自己判断をしているのです。

どちらもボールを上げたい、当てたいという意識から生まれる

アマチュアゴルファーがトップだと思っているミスショットのほとんどが、ダフリと考えていいでしょう。

つまり、ボールの手前で一度地面にクラブヘッドが当たり、その勢いでアッパー軌道になり、ボールの上部をヒットしているのです。

当然、打感は硬いので、直接ボールにヒットしたトップだと勘違いするのです。

この原因は、ボールを上げたい、しっかり当てたいという意識から生まれます。

ボールを上げたいと思えば、すくい打ちになりますし、しっかり当てたいとなると、体の動きが小さくなります。

その結果、手打ちになり、体重移動も不十分になってしまいます。

ということは、アドレスで構えた位置にはクラブヘッドは戻ってきません。

それが結果として、スイングの最下点の手前の地面にクラブヘッドが下りてきて、跳ね返されるというのが、ほとんどのトップの正体なのです。

対処法はスタンスを狭めるといいでしょう

ダフリ、トップとも同じ手打ちが原因ということが分かったと思いますが、多くの場合、残りの距離に対してスタンス幅が広過ぎることで、フットワークがスムーズに使えず、腕やクラブが暴れてしまう傾向が見られます。

特に、グリーン周りからトップさせて、痛い目に遭うことが多いという人は、もう少しスタンスを狭めるといいでしょう。

ダフリもトップも原因は同じだと思えば、対処法も別々に考えなくて済みます。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ダフリもトップも原因は同じ!?いったいどういうことなのか?

カートに追加されました。


×