ダフリもトップもチョロも出る。原因はすくい打ちにありました。

ダフリもトップもチョロも出る。原因はすくい打ちにありました。

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、「最近いいスコアが出ません」とh様から電話で依頼があり、ラウンドレッスンをして来た話です。

アッパーブロー

アッパーブロー

getty

以前お教えしたことのあるh様からお電話をいただきました。

h様「最近いいスコアが出なくて、ちょと悩んでいます」とラウンドレッスンの申し込みをいただき、ラウンドレッスンをして来ました。

h様の朝イチのドライバーは、高めですがよくつかまり飛距離も出ていました。

私は軽く振り、20ヤードほど置いていかれました。

何ホールか見ていますと、以前のh様らしくないミスが続きました。

h様「また今日も調子が悪いです」

私「頭の上がり方が早いですよ」

高いティーアップ

高いティーアップ

次のホールで、h様のドライバーのティーアップが普通より高いことを指摘して、「ヘッドアップしているので自然に高いティーアップになってしまっていると思いますよ。そのヘッドアップが原因でアイアンはダフっています」

そして、5ホール目に高いティーアップなのにチョロ(当たり損ねのゴロ)まで打ってしまいました。

私「あれだけ高いティーアップでチョロになるのですから、普通ではないくらいのスクイ打ちですよ」

ゴルフのスイングとスコアを壊す最も大きな原因にスクイ打ちが挙げられます。

原因は、トップからヘッドを強く引き下ろそうとして、体重が右足に残り右肩が落ちるような形になって、顔が上がりスクイ打ちを引き起こし、ダフりやトップのようなミスになります。

コースでの解決方法の選択肢はそれほど多くありません。

「ヘッドアップをしないようにします」。つまり頭を残すことです(コースでは、現象を抑えることはできますが、原因を治すことは無理です)。

具体的には、ダウンスイングで頭を動かないようにしてインパクトの瞬間を目視できるようにします。

インパクトの瞬間を見るつもりで頭を残します

インパクトの瞬間を見るつもりで頭を残します

getty

練習方法は、強く打った場合インパクトの瞬間を見ることはできませんが、ユックリした動きでインパクトの瞬間を見ます。

インパクトはこんな形でボールに当たるんだと、目で見て頭で理解する必要があります。

そのインパクトの瞬間の動きを理解できれば、少し速く振ってもインパクトが見えて来ます(実際には見えなくてもイメージが浮かびます)。

次のホールから「私が、h様の打つすべてのショットのボールの行方を見ていますから、h様はインパクトの瞬間を見るつもりでボールを見て打ってください」とお願いしました。

後半は、頭を残すことでヘッドも低く長く出るようになって、シッカリした当たりが出始め、h様も立ち直って来ました。

コースでは、このくらいのことしかできませんので、今日撮ったビデオを元にショップ(ビッグキャリーゴルフショップ)で何回かレッスンをさせていただくことになりました。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップH