あなたのシューズは紐タイプ?ダイヤルロック?メリット、デメリットを解説

こんにちは。足と靴の調律師の中田です。

今日は靴紐について!!

みなさんは紐タイプとダイヤルロックどちらを履いてますか?

最近ではダイヤルロック式が市場を占めてますが、ゴルフにとっては紐靴とダイヤルロックどっちがいいの? って話です。

靴の肋骨

靴の肋骨

楽天ゴルフ

身体にとって肋骨は内臓を保護するという重要な役割を持ってるのと同じように、靴の肋骨と呼ばれる靴紐にもきちんと役割があります。

靴紐の役割には、

アッパーをフィットさせる
足の前ズレを防止
足部の剛性を獲得(足根骨と中足部をホールド)

という機能があります。

紐靴のメリット・デメリット

紐靴のメリット・デメリット

メリット

足の状態に合わせて紐を結う強弱が可能
足全体を包み込むことができる

デメリット

結うのに時間がかかる
劣化に気付きにくい。

この機能を活かすために紐の形状にも着目する必要があります。

靴紐の形状

靴紐の形状

getty

靴紐の形状に着目してみましょう。

主に「丸紐」と「平紐」に分けられます。

それぞれメリット・デメリットがあるのですが、一番の違いは、摩擦力!!

「平紐」は面で押さえることができるので、摩擦が生じにくいので紐が緩みにくいです。

逆に「丸紐」では、形状の特質から摩擦が生じやすいため、紐が緩みやすくなります。

靴紐の役割を活かすためには「平紐」がオススメです。

ダイヤルロックのメリット・デメリット

メリット

着脱が楽
身体が硬い人でも容易に締めることが可能

デメリット

足首に近いところから締まる傾向があり、甲のところに痛みが出る可能性がある
アッパーで足を包み込むことができない。

まとめ

まとめ

getty

機能的には靴紐のほうが優れていると言ってもいいのではないでしょうか?

しかし、靴紐が必ずいいというわけではありません。

身体が硬い人で靴紐を結ぶのが億劫という方にはダイヤルロックはいいと思います。

自分の身体の状態に合わせて紐靴なのか、ダイヤルロックがいいのかを決めてみてもいいのではないのでしょうか。

お気に入り
足と靴の調律師 中田翔

厚生労働省に認可されたリハビリテーションの専門家理学療法士として15年外来のクリニックに勤務しており、足の疾患を専門にオーダーインソールを作成。(延べ1000人以上) インソール作成された中には、ツアー参戦中のプロゴルファー、プロバスケット選手実業団選手など。 また、靴とインソールに特化した資格NPOオーソティックソサエティ認定フットケアトレーナー、FSIオーソペディシューカウンセラー、シューフィッティングアドバイザーを取得している。 現在は、理学療法士や柔道整復師や地域の小中学校やゴルフフィットネスクラブに赴き、靴の重要性を知ってもらうためにセミナー活動を行っている。 https://www.facebook.com/shou.nakata.7

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。