ボールを曲げないコツは「右手のひら」でフェース面を管理すること!!

お気に入り
こんにちは♪

正確に狙った場所にボールを飛ばすためには、正しいスイング軌道と、正しいフェース面の管理が必要です。

しかし、案外フェース面の管理は難しいもの。

では一体どのようにして、体から離れたクラブのフェース面を上手く管理できるのでしょうか?

小さなクラブのフェース面を管理するのは意外と大変……

小さなクラブのフェース面を管理するのは意外と大変……

getty

ボールを真っすぐ飛ばすためには、インパクトでフェース面がスクエアになっている必要があります。

そのために、アドレスでフェース面がスクエアになっているかを注意深く確認するのですが、いざスイングが始まると、フェースがどこを向きながら動いているかを確認するのはなかなか大変です。

クラブヘッドは体から遠く離れていて、なおかつフェース面は小さいため、フェース面の管理を難しくしています。

テニスのラケットのように大きなフェース面ならわかりやすいのですが……。

右手のひら=フェース面と考えてみよう!

右手のひら=フェース面と考えてみよう!

getty

そこで、フェース面を管理しやすくするために、右手のひらをフェース面に見立ててみましょう。

スクエアにグリップした場合、右手のひらはフェース面と同じく目標方向に正対しています。

インパクトで右手のひらが目標に真っすぐになれば、自然とフェース面も真っすぐになるという計算です。

このようにして、右手のひらでフェース面を感じるようにすると、フェース面管理がやりやすくなります。

右手のひらの意識で、スライス&フックも自由自在に♪

右手のひらの意識で、スライス&フックも自由自在に♪

getty

また、右手のひらの意識で、球筋の打ち分けも可能です。

フォローで右手のひらが空を向くように振り抜けば、フェースが返らずにスライス系のボールが打てますし、反対に手のひらを地面に向けるように振り抜けば、強いフック系のボールが打てます。

右手のひらをどのように動かすかで、球筋にさまざまな変化が出てくるので、面白いですよ!

ぜひお試しください♪
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアバナー210617-27
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721