祝!ネリー・コルダ、ツアー初優勝~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#96

getty

祝!ネリー・コルダ、ツアー初優勝~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#96

お気に入り

今週は滋賀県の瀬田ゴルフコースで日米共催競技(正確には日米共同主管競技)の「TOTOジャパンクラシック」が開催されます。

この試合には、米ツアーから畑岡奈紗を含む43選手が出場しますが、その中にとりわけ注目したいプレーヤーがいます。

先週の米ツアー競技「スウィンギングスカートLPGA台湾選手権」でツアー初優勝を飾ったネリー・コルダ、20歳。

今季国内ツアーを賑わす「黄金世代」と同じ1998年生まれの若手有力選手です。

世界的に有名なアスリート一家の次女

世界的に有名なアスリート一家の次女

getty

彼女が注目されるのは、今季の「ホンダLPGA タイランド」を含め、ツアー通算5勝のジェシカ(上掲画像の右)の妹だから。

しかも、5年前、当時14歳で全米女子オープンの予選を通過し、本選出場を果たすなど、早くから実力が認められていたからです。

また、彼女の父親=ペトル(国籍:チェコ)は、1998年にグランドスラム大会の全豪オープンを制した世界的プロテニスプレーヤー。

そして、弟のセバスチャン(18歳)は今年の全豪オープンのジュニア・シングルスで優勝したテニス界のホープ。

世界的に有名なアスリート一家の次女なのです。

彼女は昨季、下部のシメトラツアーから昇格。ツアーデビュー戦でいきなり5位タイの好成績を収め、大物ぶりを披露。

今季も3月の「HSBC女子チャンピオンズ」でトップと1打差の2位タイになるなど、初優勝が待たれていました。

そして、つかんだ先週の初タイトル。

これによって、米女子ツアーでは3組目の姉妹優勝となりました。

ソレンスタム姉妹とジュタヌガン姉妹に次ぐ姉妹優勝

ソレンスタム姉妹とジュタヌガン姉妹に次ぐ姉妹優勝

getty

米女子ツアーの姉妹優勝は、姉アニカと妹シャーロッテのソレンスタム姉妹(上掲画像。右がアニカ)が第1号。

2000年にシャーロッテが初優勝を遂げて完成。

続く2組目はなかなか現れなかったのですが、今年4月にタイ出身のモリヤ・ジュタヌガンが「ヒューゲルJTBC選手権」で待望のツアー初優勝を遂げたことで、妹アリヤとの姉妹優勝が完成しました(下掲画像。右が妹のアリヤ)。

シャーロッテのツアー優勝は、結局その1勝どまり。現在は姉が開設したアカデミーで指導者になっています。

また、モリヤも2勝目を挙げられずに苦戦が続いています。

ネリー・コルダは彼女より前に2勝目を挙げ、姉の実績に迫るかも知れません。

getty

(ジュタヌガン姉妹。左が姉のモリヤ、右が妹のアリヤ)

国内では福嶋晃子・浩子姉妹の1組

国内では福嶋晃子・浩子姉妹の1組

getty

一方、国内女子ツアーですが、福嶋浩子(下掲画像の右)が2年前に「サイバーエイジェントレディス」でツアー初優勝を遂げ、姉・晃子(ツアー24勝)との国内ツアー初の姉妹優勝を達成しました。

国内ではこの1組止まり。ともにプロゴルファーになった姉妹は多いのですが、次の姉妹優勝の候補は……。

姉・奈津佳(ツアー2勝)と妹・琴音(上掲画像)の堀姉妹。

姉・彩夏(ツアー1勝)と妹・杏佳(下掲画像の左)の松森姉妹。

姉・絵理香(ツアー3勝)と妹・明砂美の菊地姉妹、などでしょうか。

いずれも人気プレーヤー。達成されれば大きな話題になることでしょう。

getty

(左が松森姉妹の妹、杏佳。右が福島姉妹の妹、浩子)

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップG
GDOゴルフテック