ゴルフ我流道がグリップをゴルフプライド CP2に変えてみたら!?【PR】
ゴルフクラブ

ゴルフ我流道がグリップをゴルフプライド CP2に変えてみたら!?【PR】

0

Gridgeでもおなじみ、ゴルフYouTuberユニットの「ゴルフ我流道」のBOOとKON。

その二人が今回チャレンジするのは!

ゴルフプライドのグリップ、「CP2 (シーピーツー)」のPro(プロ)とWrap(ラップ)です!

「CP2」というモデル名の由来は、コンフォート・パフォーマンス(Comfort Performance) とコントロール・パフォーマンス(Control Performance)、2つの「C」を実現するから。

“卓越したソフトなフィーリングとコントロール性能を両立した新カテゴリーグリップ”という触れ込みですが、果たしてその実力やいかに!?

グリップを選ぶ基準は?

グリップを選ぶ基準は?

(図はゴルフプライドホームページより抜粋。2018年現在)

グリップといえばツアー使用率No.1のゴルフプライド。豊富なラインアップの中で、何を基準に選べばいいのでしょう?

ポイントは、素材のやわらかさ・重さ・太さ・カラー・バックラインの有無。

例えば、硬めのグリップはシャフトも打感もしっかり感じられます。やわらかい素材は打感がやさしく、シャフトの手元側がしなるように感じられます。

個人の手の大きさやフィーリングの好みにより、最適なグリップの太さも変わってきます(なのでショップに行って握り比べるのがベストなんですけど!)。

CP2はゴルフプライド史上最高のやわらかさを実現したシリーズです。

太さはアンダーサイズ・スタンダード・ミッドサイズの3種類を揃えています。

一般的に軽く細いシャフトを挿しているレディス用のクラブには、アンダーサイズが適しているでしょう。

また、手のひらが大きい男性や、手首を暴れさせたくない、方向性を重視したいゴルファーはミッドサイズがオススメです。

CP2のプロとラップの違いは?

CP2のプロとラップの違いは?

CP2は、ゴルフプライドのスタンダードなモデル「ツアーベルベット」と比べて、約35%もソフトな新素材を採用しています。

グリップエンドに搭載されている「コントロールコア」の効果で、ソフトなフィーリングを保ちながら、スイング時のグリップのねじれを低減してくれます。

また、テーパーが少ない(=ストレートに近い)形状で、手首に馴染みがよくしっかり握れる機能的なデザイン。

赤いグリップエンドの「プロ」は、ロゴの面の手元側にセンターラインが入っているので、握るときに真ん中の線を意識しやすいでしょう。

青いグリップエンドの「ラップ」の特徴は、その名の通り巻いてあるようなパターン。適度な厚みとフィット感を覚えるのではないでしょうか。

色とグリップ感覚のお好みでお選びください。

我流道の2人が選ぶのは?

我流道の2人が選ぶのは?

KON(左)「まずかっこいい」

BOO(右)「赤のほうがかっこいい」

KON「いや、どう考えても青でしょ(笑)」

と見た目からも好印象の二人。グリップを握った瞬間に「滑らなそう」と語っていますが、果たして?

打ってみた感じは?

打ってみた感じは?

我流道の二人はかなりのお気に入りだった様子。

ラウンド中、グリップが濡れても滑らない。

ウェッジにだけちょっと太めのミッドサイズを挿してみて、アプローチの距離感が合わせやすくなった。

無駄な力を入れずにスイングできるので、気持ちよく振れる。

などなど……大絶賛でした。

百聞は一見にしかず。あなたのクラブでも、CP2をぜひお試しあれ!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフ我流道がグリップをゴルフプライド CP2に変えてみたら!?【PR】

カートに追加されました。


×