「あおり打ちよ、サヨウナラ!」腰を水平に回してナイスショット♪

getty

「あおり打ちよ、サヨウナラ!」腰を水平に回してナイスショット♪

お気に入り

こんにちは♪

ゴルフは体の回転運動を主体としたスポーツ。体の軸が右に左に傾くと、ゴルフクラブの軌道がおかしなことになってしまいます。

そのために、よくレッスンなどで聞く「レベルターン」という言葉。

これができると、ダフリやトップといったミスが激減するだけでなく、飛距離や方向性が格段にアップしますよ♪

腰のベルトを地面と水平に回すイメージを持つ

腰のベルトを地面と水平に回すイメージを持つ

getty

「レベルターン」とは、水平に体を回転させることです。

ゴルフは上半身だけが前傾しているので、上半身は縦に近い回転するのに対して、下半身は横回転するという、いささか複雑な運動になります。

下半身が縦に動いてしまうと、左右にスエーしたり、回転軸がぶれてしまってボールに上手くコンタクトができなくなってしまいます。

上半身の縦回転につられないように下半身の横回転を促すため、「レベルターン」すなわち腰から下が水平に近い運動をするように意識する必要があります。

では、その「レベルターン」を行うには、実際にどこに意識を向ければいいのでしょうか?

まず一つ目におススメしたいのが、腰のベルトです。

このベルトが地面と水平になるように腰を回転させることで、「レベルターン」が体感できます。

ベルトが極端に斜め上を向いたりしないように、クルリと腰を回転させます。

右腰をボールにぶつけるイメージを持つ

右腰をボールにぶつけるイメージを持つ

getty

特にプッシュアウトスライスに悩まされている方におススメしたいのが、このイメージです。

ボールを上げようとしたり飛ばそうとして、インパクトで左の腰が斜め上に切れ上がってしまうと、体の軸は右に傾き、シャフトも寝て、フェースは大きく右を向いてしまいます。

これも「レベルターン」の意識で排除できます。

インパクトで右の腰をボールにぶつけるような形をイメージすると、しっかりと腰がターンし、きれいにボールをとらえることができます。

ちょうど、右腰の横にラケット付いていて、それでボールを「バチン!」と叩くイメージがわかりやすいかと思います。

フィニッシュで右足を前に出して歩くようにする

フィニッシュで右足を前に出して歩くようにする

getty

これはぜひ練習場でも取り入れていただきたい方法です。

腰が水平にターンすると、フィニッシュではほぼ左足一本で立っている状態になり、右足のつま先がほんの少し地面に触れている程度になります。

回転軸がぶれていると、こうはなりません。

この状態を強制的に作り出すために、インパクトをした直後に右足を一歩前に出して、歩くような形を取ります。

こうすることで、腰の水平運動が促されます。

特にフェアウェイウッドなどの長いクラブが苦手な方は、この練習を取り入れることで、上手く打てる回数が増えてくると思います。

ぜひ試してみてくださいね♪

お気に入り
しだしんご

ゴルフ歴10年。「試してみなくちゃ気が済まない!」試打と実験をこよなく愛するアラフォーゴルファーです。 ゴルフは難しく考えないをモットーに、楽しくゴルフを楽しむ方法をお伝えできるように頑張ります♪

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップA
GDOゴルフテック