マナー、心遣い……。ゴルフはやっぱり仕事に生きた!

getty

ライフスタイル

マナー、心遣い……。ゴルフはやっぱり仕事に生きた!

0

仕事上の付き合いをきっかけにゴルフを始めた方も多いのではないでしょうか?

昨今若者のゴルフ離れが叫ばれますが、大手企業の社員やベンチャー企業のトップセールスマンの間では依然としてゴルフを楽しむ人が多くいます。

ゴルフと仕事に通じるものは何でしょうか?

ゴルフで身に付くビジネスマナー

ゴルフはゴルフの実力よりもマナーが非常に重要視されます。

ゴルフにおけるマナーとは周囲への気遣いです。

他のスポーツでは同伴者や周囲の人へ配慮しながらプレーするということはあまりありません。

スポーツでマナーを意識しながら競技をするのはゴルフぐらいではないでしょうか。

仕事でも同僚、上司、後輩への気遣い、取引先への気遣いはとても重要になります。

それらをゴルフで身に付けることができます。

TPOに合わせた服装

行くゴルフ場や一緒に回る同伴者によって服装を変える必要があります。

カジュアルなゴルフ場に行く場合にはドレスコードを気にする必要はありませんが、名門コースに行く場合にはそれなりのドレスコードが必要になります。

仕事上でも取引先に合う時の服装や周囲を不快にさせないための身だしなみは通じるものがありますね。

同僚・上司部下・取引先への気遣い

ゴルフは同じ組の同伴者と助け合う必要があります。

マイペースで自分のことだけ考えていては同伴者に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

初心者の人がいたら、プレーのサポートをして上げる。自分が初心者の場合はできるだけ遅れをとらないようにプレーファストを心掛けるなど、同伴者への気遣いが重要です。

もっと言うと、自分たち以外のゴルフ場に来る人への気遣いも重要になります。

目土をしたりグリーンのディボットマークを直す行為は、自分たちだけでなく自分たちの後続の組の人たちや、後日ゴルフ場に来る人たちへの気遣いにあたります。

ゴルフの上手い下手、調子のいい悪いに関わらず自然と周囲や人に気を遣う習慣を身に付けるゴルフが、仕事上でのビジネスマナーに役に立たないはずはありませんね。

取引先との関係構築

アメリカのトランプ大統領もゴルフを一緒にやれば人間性が分かるという通り、ゴルフはプレーに性格が出ます。

プレーが細かい人、調子が悪いと人や道具に当たる人、とにかくせっかちな人、淡々とプレーする人。

ラウンド中の姿はその人の本性が出やすいとも言われています。

取引先の人とラウンドする場合には、どの様な性格の人なのか注意して観察しておくと、その後の仕事に有利に働く場合があります。

営業マンにとって商談とは、会議室でスーツを着た状態で行うものだけとは限りません。

オフの時に、ゴルフでもしながらプライベートの話も交え思わぬところから案件を発掘したり、契約にたどり着く機会は多分にあります。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

マナー、心遣い……。ゴルフはやっぱり仕事に生きた!

カートに追加されました。


×