実際のコースで打てるから学びがたくさん!コースレッスンの勧め!
ライフスタイル

実際のコースで打てるから学びがたくさん!コースレッスンの勧め!

0

こんにちはJGMセベバレステロスGC所属プロの宮下芳雄です。

みなさん、コースレッスンって受けたことありますか?

まだコースレッスンを受けたことのない方や、受けてみたいけど迷っている方はぜひ参加してみてください!

コースレッスンには「楽しさ」「ゴルフ上達」が間違いなくあります!

そもそも、コースレッスンって何?

そもそも、コースレッスンって何?

コースレッスンとは、ゴルフ場でレッスンを受けて、その施設を使い練習をすることです。

例えばゴルフ場の練習場を使い、スイング動作矯正のトレーニングを行うことです。

ちなみにゴルフ場の練習場は奥行きが200ヤード以上あることが多く、気持ちよくボールを打つことができます。

さらに打球が地面に落下するまで見届けることができるので、球筋のチェックをしっかり行うこともできます。

アプローチショットは、人工マットと芝生ではかなりの違いが出る!

さらにゴルフ場にはアプローチ専用の練習場があるところも多く、芝生の上からアプローチショットの練習を行うことができます。

ふだんインドアや打ちっ放しで練習しているゴルファーさんには、人工マットと芝生との違いの大きさを体感していただけるはずです。

バンカーショットは習うより、砂に慣れろ!

バンカーショットは習うより、砂に慣れろ!

コースレッスンでは、ふだんあまり練習することのできないバンカーショットにも挑戦できます。

バンカーショットの打ち方を知っていても、「バンカーに慣れる」「砂に慣れる」など、慣れて自信をつける練習ができていないと上手くバンカーショットが打てないものです。

昔から言われていることに「バンカーは習うより慣れろだ!」というものがあります。

基本基礎はもちろんですが、それと同じくらいに砂の上から繰り返し練習をして自信を付けることも大切だという意味です。

皆さんもコースレッスンでバンカーに対して自信をつけてほしいですね!

ロングパットはゴルフ場でないと感覚が分からない!

ロングパットはゴルフ場でないと感覚が分からない!

コースレッスンではパッティングの練習も行います。

基本基礎やパターの打ち方はもちろん、ショートパットの方向性やロングパットの距離感、さらにはラインの読み方などなどいろいろな練習をします。

とくにロングパットの距離感はゴルフ場でないとそのイメージ(力の加減)を感じ取ることが難しいと言われています。

さらに同じ距離でも上り傾斜と下り傾斜の力加減の違いや、2段グリーン、さらにはポテトチップスのようなアンジュレーションの強い傾斜などの練習をするには、やはりゴルフ場でないと無理だと思います。

スコアメイクの要であるパッティングをゴルフ場で練習しましょう!

ラウンドしながらスキルチェックをします!

ラウンドしながらスキルチェックをします!

後半のコースレッスンはコース内で練習を行います。

コース内の練習では、まずラウンドをします。

このラウンドでは午前中にトレーニングしたことを数ホールラウンドしながらスキルチェック!

つまり、できていることと、まだ不足していることを確認します。

ラウンド後は不足していた項目を定点練習(同じ場所から繰り返し行う打球練習)で復習します。

コースレッスンの醍醐味、それは定点練習!!

コースレッスンの醍醐味、それは定点練習!!

ラウンド後は芝生の上から定点練習がスタート。

写真はドライバーの打ちっ放しの様子です。

コースレッスンでは同じ場所から横一列に並び、みんなでいっせいにボールを打ち出します。

初めてのコースレッスンへ参加される方は圧倒的な楽しさを感じていただけるはず!

そしてドライバーを苦手にしている方には、繰り返しボールを打つことでドライバーに対して自信を持っていただけると思います。

コース内ではスイングフォームが変わる!?

コース内ではスイングフォームが変わる!?

フェアウェイから打球練習です。

ユーティリティやフェアウェイウッドを芝生から打ちます。

練習場のフォームとコース内でボールを打つ時のフォームの違いをコーチがアドバイスします。

「練習はいいのに、コースへ行くと本来の調子が出ない」と嘆いている方には多くの発見をしていただけると思います。

皆さんも、コース内でのフォームチェックをコーチにしてもらいましょう!

コース内では落とし場所に意識してアプローチショットを練習する

コース内では落とし場所に意識してアプローチショットを練習する

アプローチショットの練習です。

まずは午前中に行ったアプローチショットの基本基礎をチェック!

つぎは打ったボールがグリーンに落ちてからどれくらい転がるのかをテーマにした練習も行います。

アプローチしたボールの「落とし場所」を見極めるための訓練ですね!

まさに、これはコースレッスンならではのプログラムだと思います。

コースレッスンはマナーも学べます!

練習後はグリーン上にできたボールマークを直します。

ゴルフはルールとマナーが大切なスポーツです。

それを現場で聞いて、実際に自分でやってみることにより、ルールやマナーをしっかり覚えることができます。

みなさん、コースレッスンのイメージを分かっていただけましたでしょうか?

ゴルフはゴルフ場で行うスポーツです。

そんなこともあり、手っ取り早くゴルフ上達するためにはゴルフ場で練習することが、上達の近道だと私は考えています。

皆さんもぜひコースレッスンへ参加してみてくださいね!

ではまた次回です。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

実際のコースで打てるから学びがたくさん!コースレッスンの勧め!

カートに追加されました。


×