雨の日のゴルフ、濡れるボールの影響と対策方法

getty

雨の日のゴルフ、濡れるボールの影響と対策方法

お気に入り

梅雨時期のゴルフは雨が心配です。

雨の中だと普段通りのプレーができないため、スコアを落としてしまうことも。

だからこそどんな影響があるのかを理解して、対策できるようにしましょう。

ここではゴルフボールに注目してご紹介していきます。

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート①

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート①

getty

ラウンドする日が悪天候だと中止になってしまいますが、小雨程度ならプレーするのがゴルフです!

では、雨の日のゴルフで困ることは何でしょう。ゴルフボールが濡れることで、球筋が変わってしまいます。

つまりゴルフボールとクラブフェースの間に水が入るので、ボールの回転数が少なくなり、ドローやフェードの曲がり幅が小さくなってしまいます。

また、ドライバーやウッドならボールが高く上がらなくなり、飛距離が落ちてしまいます。

逆にアイアンだとバックスピン量が減って、予想以上に飛んでしまうことがあります。

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート②

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート②

getty

雨で濡れるとゴルフボールに、泥が付着しやすいという影響もあります。

泥の付いたボールをそのまま打ってしまうと、フックしたりスライスしたり、どこに飛んでいくか予想もつかなくなってしまいます。

フェアウェイにボールがあれば良いのですが、ラフに入ったりOBしてしまうと無残です。

雨の日は視界が悪くなってしまうので、ボールの軌道を見失ってしまいがち。

そうなるとフェアウェイを外れたボール探し、という苦難が待ち構えているのです。

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート③

ゴルフボールにはどんな影響がある?パート③

getty

空中はもちろん、グリーン上でも大きな影響を受けます。

グリーン上に水が浮くくらい雨が降っている場合は、思いっきり打っても水の抵抗でボールに急ブレーキがかかって止まらないなんてこともよくあります。

かといって、止まることを見込んで力いっぱい打ったら全然止まらずに大オーバーなんてことも……。

ライン上の水の状態をよく観察して正しい判断ができるようにしましょう。

ただし、悪いことばかりではありません。

雨上がりや朝露などで、グリーン全体がしっとりしているときは、先にパッティングした人のラインがグリーン上に現れます。

自分がパットする際の参考にしましょう。

雨の日のゴルフボールの対策方法

雨の日のゴルフボールの対策方法

amazon

ゴルフボールが濡れる時は、まずはこまめに水滴を拭き取るようにしましょう。もちろんクラブフェースに付いた水滴も拭き取ることをお忘れなく!

それでも雨足が強く、拭いてもすぐに濡れてしまう場合は、飛距離が落ちてしまう影響があるため、クラブの番手を大きくするなど臨機応変に対応が必要です。

そして雨の日のラウンドでオススメしたいのが、カラーボールの使用。雨で視界が悪くなったときにも、蛍光色のイエローやピンクは目立つので役立ちます。


今回は、梅雨時や雨のラウンドについて説明しました。

みなさんもラウンドされる際には、晴れていても常に気を抜かず準備を忘れず出かけるようにしましょう!


キャディバッグに写真のようなタオルをぶら下げておくと雨の日以外でも大活躍します!

お気に入り
su-chan

筋金入のゴルフ好きです♡ おしゃれなゴルフウェアを日々ネットで物色中ですww

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA
GDOゴルフテック