【電車でゴルフが楽チン】ゴルフに行くのに車は不要!?

getty

ライフスタイル

【電車でゴルフが楽チン】ゴルフに行くのに車は不要!?

0

若者の車離れが叫ばれる昨今、車離れ=ゴルフ離れになってしまっています。

車を持っていなくても電車を使えばゴルフ場へ行くことができます。

事前準備だけ間違えなければ、電車に乗ってゴルフ場へ行くほうが車でゴルフへ行くよりもカンタン楽ちん!

ゴルフ場へは電車で行こう!

実は車を持っていなくてもゴルフ場へ行くことはできます。

ゴルフ場にはクラブバスという来場者が無料で利用できるバスがあります(※要予約)。

ゴルフ場のクラブバスが迎えに来てくれる駅まで電車で行きます。そこからゴルフ場の無料クラブバスでゴルフ場まで行きましょう。

ラウンドが終わったら、再度ゴルフ場の無料クラブバスでゴルフ場の近くの駅まで送ってもらい、電車に乗って自宅まで帰りましょう。

電車でゴルフに行くメリットは、

・渋滞に巻き込まれる心配がない
・行き帰りにお酒が飲める
・長距離運転の疲労感がない
・事故のリスクが小さい

ゴルフのためだけに車を持っているなんていう人でも電車でゴルフに行ってみると快適過ぎて車が不要になってしまうかも!?(実は私もその一人・・・)

クラブバスを持っているゴルフ場を予約する

『さあ、電車でゴルフに行ってみよう!』と思った矢先、予約していたゴルフ場がクラブバスを持っていないという場合もあります。

すべてのゴルフ場がクラブバスを持っている訳ではないので、予約する前にクラブバスを持っているか事前に確認してから予約しましょう。

クラブバスを予約する

クラブバスを持っているゴルフ場を予約したら、ゴルフ場に直接電話しクラブバスの送迎の予約をしましょう。

電話でラウンドの予約をした場合は、ついでにクラブバスの予約も取ればいいですが、ラウンド予約をウェブから行った場合は、別途ゴルフ場に電話しクラブバスの予約が必要になります。

また、復路の予約は別途必要な場合もあります。

予約が往路と復路で別々になっている理由は、行きは電車を使うけど、帰りは同伴者の車に乗せてもらうという人もいるためです。

往復での利用を希望する場合はその旨を伝えましょう。

ゴルフバッグを郵送する

これが準備の最後です。

電車でゴルフに行く場合、重いキャディーバッグを電車に持ち込み、乗り換えの度にキャディーバッグを担いでというのは大変です。

周囲の視線も気になります。

せっかく楽して電車でゴルフに行くなら、キャディーバッグを事前に宅配便で郵送しゴルフ場へ送っておきましょう。

その際には、ゴルフシューズなどの重いものもキャディーバッグに押し込んで入れておくと、当日ゴルフ場へ行くときはバッグに着替えとゴルフウェアだけ持っていけばいいのでかなり楽チンです。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【電車でゴルフが楽チン】ゴルフに行くのに車は不要!?

カートに追加されました。


×