すぐできる!肩の位置を整えて背中の筋肉にスイッチオン!

お気に入り
身体が縮こまったままラウンドしていませんか?

思うようにスイングができない、飛距離が伸びないなどは身体が縮こまっていて身体が動かしにくくなっている事が原因になっているかもしれません。

肩が内側に巻いていませんか? 猫背ではありませんか? 胸は開いてますか? 肩甲骨周辺にコリは感じませんか?

今回も、ラウンドやラウンド中はもちろん! 日常生活の中でもサクッとできる肩の位置や姿勢改善はもちろん! 背中の筋肉にスイッチが入るストレッチをご紹介します。

手のひらの向きを気にして上げ下げするだけ

手のひらの向きを気にして上げ下げするだけ
肩の位置を整えたり姿勢改善のストレッチは、大変なんじゃない? と思ったかもしれませんが、実はとっても簡単なんです。

手のひらの向きを気にして腕を上げ下げするだけ!

早速やってみましょう。

1.足の幅は立ちやすい幅でOK。

両手をダランと下げて『手のひらを前から外に』向け、両腕を自分の肩よりも少し後ろに引きます。

※後ろから向けないでください。

2.息を吸いながら、横から手を回し上げ頭の上で手を合わせます。

腕を上げるというよりも、肋骨から胸を引き上げます。このままキープして上に伸びるように3呼吸。

3.手の向きは変えないように両手を体側に下ろします。

脇をしっかり締めてから手のひらを自然に自分の方へ戻します。

1、2を1セットから3セット行います。

さらに背中の筋肉にスイッチオン!

さらに背中の筋肉にスイッチオン!
もっとしっかりと、腕や背中の筋肉にもスイッチを入れるためには、手の指、手のひらを思いっきり開いてストレッチしてみましょう。

手にはたくさんの骨や関節があり、それらをつなぐためにたくさんの筋肉があります。

その筋肉は腕から背中までつながっているので、手をしっかり開く事で背中の筋肉にスイッチを入れる事ができるんです。

コツは、とにかく思いっきり開いてさらに指を遠くに伸ばすことです。

力の入りにくい指が見つかったら、その指にもう少し意識を向けてみてね。

身体を伸ばすと気持ちいい! ゴルフももっと楽しめます。

身体を伸ばすと気持ちいい! ゴルフももっと楽しめます。

getty

手のひらの向きや、指を開くだけで身体が動かしやすく変化していきます。

ラウンド前にしっかり! ラウンド中サクッと!

ラウンド後にはゆっくりストレッチ。

日常生活では、普段から身体が縮こまらないようにやってみてください。

指を伸ばして、身体を上に引き上げるととっても気持ちいいので、気分転換にもおススメです。

それでは、今日もステキな1日を♡
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >