トップが止まらない!トップを治す3つの解決法!

getty

トップが止まらない!トップを治す3つの解決法!

お気に入り

皆さん、トップがなかなか治らない、そんなことはありませんか?

今回はトップを治す対策として、私が今までやって、効果があったものをご紹介します。

①芝を削るつもりで打つ

①芝を削るつもりで打つ

getty

トップする初心者の最も多い理由は、ダフりを恐れていることです。

練習場のマットに穴が開くことはありませんが、天然の芝生だと無意識に「芝生に引っかかりたくない」「芝生を掘りたくない」という気持ちが生まれてしまい、そのせいでクラブの軌道が浮いてしまうのです。

なので、特にコースに出て日が浅い人は、「芝生を掘ってやる!」というくらいの気持ちで、クラブをしっかり下まで下ろしましょう。

②頭を残す

②頭を残す

getty

これは特にアプローチで頻発しますが、普通のショットでもあります。

球筋が気になるがあまり、スイングの途中から頭が前方に向いてヒョコっと上がってしまい、それと同時に上半身、腕も起き上がり、トップになるというパターンです。

打った後も頭を残し、球筋を見るなら、首だけを左に向けるようにしましょう。

プロのスイング動画を見てみるとわかりやすいですが、プロが球を打った直後というのは、頭の高さはほとんど変わっていません。

③ボールを右めに置く

③ボールを右めに置く

getty

これは、①②をやっても解決しない場合の応急処置です。

クラブが下りてきている軌道(ダウンブロー)で球を打つことで、トップを防ぐ方法です。

トップするときというのは、クラブが振り下ろされて一番下(もしくはその直後)にあるときにボールの真ん中にリーディングエッジが来ているために起きる現象です。

よってクラブが振り下ろされる手前で、ボールをかぶせ気味に打ってしまおうというのがこの解決法です。

球の弾道は低くなり、左に行きやすくなるので、その点だけ気を付けましょう。

お気に入り
Karen

初心者ですが、読者の皆さまと一緒に成長できればと思っています。よろしくお願いします♪

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


グリッジカップG