ミドルアイアンから徐々にスタンスをオープンにするとスイングがスムーズに

getty

ゴルフスイング

ミドルアイアンから徐々にスタンスをオープンにするとスイングがスムーズに

0

ゴルフスイングの基本はスクエアな構えですが、クラブが短くなるにつれて、スタンスを少しずつオープンにしていくと、スイングがスムーズになります。

しかし、その理由を知っている人は案外少ないかもしれません。

スタンスはオープンでも肩、腰、膝はスクエア

アイアンは飛距離よりも方向を重視するクラブです。

アドレスの基本はスクエアスタンスですが、ミドルアイアンではややオープンスタンス、あるいはスクエアスタンスでも左足つま先を多めに開く(左に向ける)ようにします。

さらにショートアイアンでは(足の)指の分くらい右足が前に出る完全なオープンスタンスで構えることが基本といえます。

ただし、体の向き、つまり肩、腰、膝のラインは飛球線とスクエアであることに変わりありません。

オープンスタンスはコンパクトに振るため

スタンスをオープン気味にする理由は、必要以上にバックスイングを取らないためといっていいでしょう。

もし飛距離が欲しいならば1つ上のクラブを選べばいいわけで、何よりもコンパクトなスイングをする必要があるのです。

またオープン気味のスタンスは、ダウンスイングからの膝の送り込みとそれに伴う腰の鋭いキレを助長するという、とても重要な役割を持っているのです。

腰のキレと体重移動をスムーズにする

もしクローズ気味のスタンスだったら、ダウンスイングしたとき左腰がある程度まで戻ると、そこでストップしてしまいます。

そしてスイングが縦に近いこともあってリストターンが強烈に行われ、クラブヘッドが返り、ボールは大きく引っかかってしまいます。

そうしたミスを防ぎ、真っすぐ飛ばすにはスタンスをオープンにして腰のキレをスムーズにし、体重移動もやさしくできるようにすべきなのです。

ショートアイアンで引っかけたり、安定したスイングができないという方は、一度、少しオープンスタンスに構えてみることを試してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ミドルアイアンから徐々にスタンスをオープンにするとスイングがスムーズに

カートに追加されました。


×