ボールはフェースの向きに飛ぶ!“面”を意識すれば方向性アップ!

お気に入り
こんにちは、ライターのとやです!

スコアがなかなかよくならない人の中に、「どこに飛んでいくかわからない……」という人もいますよね。

こうした時、ヘッドのフェース面を意識するだけで方向性がグーンと良くなることがあるんですよ。

いつもなんとなく構えてなんとなく打っていませんか?

ショットの方向性に悩んでいるあなた、ヘッドのフェース面を意識してみましょう!

インパクトの瞬間のフェース向きで出球の方向は決まる

インパクトの瞬間のフェース向きで出球の方向は決まる

getty

ボールが打ち出されていく方向は、インパクト時のフェース向きでほとんど決まります。

たとえカット軌道のスライスボール、インサイドアウトのドローボール、どちらもボールが飛び出していく方向はフェースの向きなんですよね。

その後スイング軌道によってフックしたりスライスしたりするわけです。

ということは、ボールの方向が安定していない人は、飛ばしたい方向に対して1球ごとにフェースの向きがバラバラに当たってしまっていることが原因と言えそうです。

ただ闇雲にボールを打っていてはいつまで経ってもボールの方向性は安定しませんよ。

ヘッドのフェース面を意識せよ! どんなイメージ?

ヘッドのフェース面を意識せよ! どんなイメージ?

getty

ゴルフクラブのヘッド、特にアイアンの場合ロフトが付いていますのでボールの高さを意識しがちになります。

ここで方向もしっかりと合わせるようにアドレスしていきましょう。

それにはまずフェースの一番下の白い線、これを飛ばしたい方向と垂直になるように構えることが鉄則です。

もう少し具体的にイメージするには、リーディングエッジから垂直に面を意識すること。

アイアンの場合、ロフト角0度の仮想フェース意識してを合わせます。

飛ばしたい“面”を具体的にイメージしてあげましょう。

ヘッドの面を意識するにはラケットが便利

ヘッドの面を意識するにはラケットが便利

getty

目に見えないものをイメージするのって苦手な人もいるかもしれませんね。

ヘッドの面を意識しやすいお助けアイテムの1つにラケットがあります。ゴルフのレッスンでも比較的よく使われているイメージですよね。

テニスのものでもバドミントンのものでも大丈夫ですので、ゆっくりスイング動作をしてみましょう。

インパクトの前後でしっかり飛ばしたい方向に戻してくる練習をしてみましょう。

正直なところ、これで飛ばしたい方向とズレが出ている方や、毎回ラケット面がずれている方はショットが安定しないのも当然です。

練習でも1球ずつイメージを持って打とう

練習でも1球ずつイメージを持って打とう

getty

引っかけた! イラッ!

つかまらずにスライスが出た! イラッ!!

ボールを連続で打っていると、こんな風に思うことがたくさんあります。

そこでついついイライラしてどんどんボールを打ち込んでしまう。こんな経験がある方、多いですよね。

どんどんボールを打つと、球数は打てますがイメージをせずに打てるようになってきてしまいます。それは体が慣れてきているから。

では、翌日1球目にちゃんと狙った方向にボールが打てるのか、と言われれば難しいでしょう。

1球1球ちゃんとヘッドのフェース面を意識して打つようにすることが大切です。

だって実際のラウンドじゃ1球勝負。連続で同じボールは打てませんからね。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516