【100切りゴルファー応援】ウェッジを上手に使い分けてアプローチ名人になろう!
ゴルフスイング

【100切りゴルファー応援】ウェッジを上手に使い分けてアプローチ名人になろう!

0

アイアンの一種であるウェッジは、クラブヘッドのロフトが大きなクラブです。

このウェッジにはロフト別にクラブが複数あり、それぞれ特徴を備えています。

その特徴について、ここではご紹介していきたいと思います。

「ロフト別」PW/AW/SWの特徴を知ろう

ウェッジの種類には、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)があります。

SWは主にバンカーショットで活躍するクラブとなります。

そしてPWとAWではロフト角に違いがあり、PWの方がややロフト角が浅くなっています。

この角度の違いがボールの打ち出し、着地してからの転がり具合に差を出しています。

この特徴を活かし、アプローチのシチュエーションに合わせて打ち分けが出来るようになるとゴルフがもっと楽しくなってきます。

「ロフト別」PWとAWで3つのショットを練習しよう

PWとAWではロフト角が違うため、ボールの飛び方に違いがあります。

この違いを身につけると、どうやってカップを攻めるかのアプローチ戦略が立てられるようになります。

PWはフェースがAWよりも立っているため、低くて転がりやすいボールが打てます。

一方でAWはフェースが開いているため、高い軌道で転がりにくいボールを打つことができます。

この特徴を理解した上で、ピッチショット、ピッチエンドラン、チップショットの3つのショットを練習し、シチュエーションに合わせて打ち分け出来るようにしましょう。

「ロフト別」アプローチショットの打ち分けるシチュエーション

SW(サンドウェッジ)は文字通り、サンド=砂なので、主にバンカーショットで使用するクラブと言えます。

では、PWとSWとの違いは何なのか。1つはロフト角の違いです。
ゴルフクラブの中で最もフェースが開いています。

そして2つ目はバンス角。
バンス角はヘッドの下にある出っ張りのことで、クラブを地面につけた時に地面とリーディングエッジの間にできる角度です。

このバンス角は特にバンカーショットの時に重要となり、バンス角のおかげでクラブヘッドが砂に埋もれにくくしてくれます。

「ロフト別」バンカー以外でのSWの打ち分けるシチュエーション

SWはバンス角があることで、じつは自然とダフる構造になっています。

つまり、ボールを打つ手前で勝手に地面と接触してしまいます。

ただ、この構造がバンカーショットにおいて効果を発揮しているのです。

だからといって、バンカー以外でSWを使わないということではありません。

もちろんアプローチショットでも活躍してくれます。

深いラフに入ってしまった場合は、ボールが上がりやすいSWでラフから脱け出すために選択することも可能です。

ここまでPW、AW、SWのロフト角の違うクラブの特徴をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

それぞれの特徴を活かしながら、上手く使い分けができるようになると、アプローチショットの戦略が立てられるようになります。

どうやってピンを狙うかを考えられるようになると、もっとゴルフが楽しくなってきます!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【100切りゴルファー応援】ウェッジを上手に使い分けてアプローチ名人になろう!

カートに追加されました。


×