前傾姿勢をキープしたい!前傾が起き上がって崩れてしまう意外な理由とは?

getty

ゴルフスイング

前傾姿勢をキープしたい!前傾が起き上がって崩れてしまう意外な理由とは?

0

こんにちは!

ナイスショットしてますか?

スイング時に前傾が維持できない。起き上がってしまう……そんなスイングになってしまうのは、意外な原因があったのです。

どんなんかな?

それではいってみよう!

スイング時に起き上がってしまう

前傾角度を維持してスイングすることは大変重要なことなのですが、維持しようとしていても、ボールを打とうとすると、スイング時に前傾がキープできないということがよくあります。

前傾がキープできないと、ボールとの距離が変わってしまうために、ダフリ、シャンク、トップとあらゆるミスシヨットにつながります。

練習場でも前傾維持を意識して練習しているのだが、動画を撮ってみると前傾が維持できていない、という人が少なくありません。

どうしてなんだろう?

前傾角度を維持する意識だけではダメ?

スイングする時に、前傾角度を維持するように練習しているのだが維持できない。

なぜ維持できないのだろう?

それは前傾角度を維持する意識しかないからなのです!

「えっ? どういうこと?」と思うかもしれませんね。

前傾角度を維持してスイングしたいのだから、前傾角度を維持する意識でいいのでは?

確かに前傾角度を維持する意識は必要ですが、維持できないのは、意識が足りないからではないのです。

維持できないのは、実は意識が足りないからではなくて違う事が原因となっているのです。

この原因を治さない限り、いくら前傾維持の意識をしても必ず起き上がってしまうのです。

前傾角度が維持できないのは腰の回転が原因!

先に答えを言ってしまうと、腰の使い方が原因となっています。

前傾角度を維持してスイングしようとするには、腰、上半身の回転を一切せずに手だけで打つか、腰を正しく回転させる以外に方法がないのです。

前傾が維持できないのは、腰が正しく回転していないためなのです。

前傾が起き上がるスイングの人は切り返しからインパクトにかけて例外なく右の腰が前に出ています。

そして右足かかとが早く上がっています。

これが前傾維持ができない原因なのですね。

いくら前傾を維持しようと意識しても右腰が前に出てしまう腰の使い方を辞めない限り、前傾を維持してスイングする事はできないのです。

では腰はどう回転させればいい?

前傾が維持できないのは、右の腰が前に出てしまう事が原因である事はお伝えしましたが、右腰が前に出る事の反動で上体が起き上がる事はわかっていただけたでしょうか?

では右腰が前に出ないようにスイングするためには? なぜ右腰が前に出てしまうのでしょう?

実は切り返しから左サイドに踏み込んだ後に左の腰が後ろに回転していないからなのです。

分かりやすくいうと、左の腰を逃がすように後ろに回転させるのです。右腰が前に出る人は左の腰が回転していません。

右の腰が入っていくスペースがないために前に出てしまうのですね。

左腰を上手く回転させて後方に逃がすことによって、右腰が入っていくスペースができる。

そのスペースに右腰が入っていく事によって右の腰が前に出ない腰の回転になります。

つまり右腰が前に出ないために、前傾を維持したスイングができるようになるわけです。


いかがでしたか?

前傾が維持できないのは意識が足りないからではなくて、違うところに原因がある事がわかっていただけたでしょうか?

最初は違和感しかないかもしれませんが、根気よく続けることによって正しい腰の回転を身につける事ができれば、前傾が起き上がる事はなくなります。

ぜひ練習場で試してみてくださいね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

前傾姿勢をキープしたい!前傾が起き上がって崩れてしまう意外な理由とは?

カートに追加されました。


×