アプローチ、インパクトで緩んでミスを多発する原因はグリップ圧にあり!

お気に入り
Golf Dojo KATOU パーシモン加藤です。

アプローチでミスを多発してしまう方の多くは、バックスイングが必要以上に大きくなり、インパクトで調整しようとし、緩んでダフりトップに。

なぜ、バックスイングが大きくなってしまうのかを解説します。

わかっちゃいるけどデカくなる

わかっちゃいるけどデカくなる

getty

アプローチでミスを多発してしまう方の多くは、打ちたい飛距離に対して必要以上にバックスイングが大きくなってしまうケースが非常に多いです。

しかし、わかっていてもバックスイングを小さくし、インパクトを緩めずに打つことができない……。

これはアドレスに原因があるからなのです。

原因は、アドレスでのグリッププレッシャー

原因は、アドレスでのグリッププレッシャー

getty

なぜバックスイングが大きくなってしまうのか。

これは、アドレスに原因があります。

グリッププレッシャーが強い方ほど、バックスイングが大きくなってしまう傾向があります。

グリッププレッシャーが強く、手はおろか腕もカチカチに力んでいる状態からバックスイングがスタート。

カチカチの状態からクラブヘッドを動かすには、反動を付けるように身体を動かさざるを得ません。

結果、自分が思っている以上のバックスイングとなってしまうのです。

グリッププレッシャーを弱めるには

グリッププレッシャーを弱めるには

getty

グリッププレッシャーを弱めるには、まずはクラブを持たずにアドレスをしてみてください!

そして、ご自身の腕の重さを感じてください。

腕の重さを感じた状態で、そのままクラブを持たずにシャドースイングを。アプローチをイメージし、振り幅を意識してシャドースイングを行います。

これを繰り返しやってから、クラブを握り素振りをします。シャドースイング同様、腕の重さを感じ、クラブヘッドの重さも感じて。

あとは、クラブを持たずにシャドースイングした動きを再現するだけ。

ボールを打つ練習や、クラブを持って素振りをするより、シャドースイングを繰り返し繰り返しやったほうが早く良くなります!!

まずは、頭の中をしっかり整理するのです(^_-)

どこでもできる練習方法ですので、ぜひともお試しください!
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721