グリップと左手を意識するだけ!アプローチでクリーンにボールを打つ3つのコツ!

お気に入り
こんにちは! ライターのあやのです。

今回は初心者やアプローチショットが苦手な方でも、簡単にボールをクリーンに打てる3つのコツをご紹介したいと思います。

まずはこの3つをマスターしてから、スキルアップとしてその他の細かい基本に取り組んでみてください。

※普通に打てるよ~っていう人は、スルーしてそのまま普通に打ってください(笑)。

いわゆるアプローチの基本

いわゆるアプローチの基本

getty

短い距離のアプローチショットの基本っていろいろありますよね。

左足体重でとか、クラブを釣るようにアップライトに構えてみるとか、ヒールを浮かせて構えてみるとか、両腕の「yの字」をキープして振るとか……。

とにかくいろいろあります!!

初心者やアプローチが苦手な方からすると、いちいちどれも細かくてストレスを感じてしまうかも。

今回は簡単にクリーンにボールを打つコツをグリップ、アドレス、フィニッシュの形の3つに分けてご紹介します。

1.より簡単なグリップで握ってみよう

まずグリップを通常のグリップと少し変えてみましょう。

上の画像はバタフライグリップというもので、両手の親指を重ねて、蝶のような形を作って握る握り方です。

左手は上からグリップを抑えるように、ややストロンググリップに、右手も上から抑えるように、つまりややウィークグリップに握ります。

このように握ることで、アプローチショットに必要のない手首の無駄な動きを制限することができ、フェース面をキープしたままストロークすることができます。

短い距離を狙う小さなスイングで、手首が必要以上に動いてしまうのはよくありません。

このバタフライグリップで今まで通りのストロークをするだけで、簡単にボールを拾うことができるはずです。

とっても楽チンですよね♪

ちなみに、このグリップはバンカーショットでもとても有効です☆

2.左手の甲を返さないようにしよう

2.左手の甲を返さないようにしよう

getty

シンプルな基本のアプローチショットの鉄則は、フォローでクラブフェースを返さないことです。

これは意図的にフェースをひっくり返さないでくださいね~ということで、自然と少しフェースが閉じていくのが普通です。

左手の甲が地面を向いてしまうようなフィニッシュはよくないので、上の画像の松山くんのようなフィニッシュになるように、左手の甲の向きをキープできるように挑戦してみましょう◎

3.アドレスは左右5分5分に構えてみよう

先ほどもお話ししたように、短い距離のアプローチは左足体重キープがセオリーとされています。

ですが、左に体重をキープしようとした結果、手だけで打ってしまったり、スイングしながら体がさらに左へ動いてしまったりなどなど……。

初心者ゴルファーは、左体重キープの意識が裏目に出てしまうミスがちらほら。

そこで、わたしがお勧めする方法がこちら。

スタンスを狭く取り、体重を左右5分5分になるようにアドレスすることです。

そのあとは、体重移動せずに体の回転で打ってみましょう。

この方法をお勧めする理由は、体重移動をしないつもりでスイングしても、バックスイング、ダウンスイングと体を回転させるので、結果として自然にアプローチショットに必要な分だけの最小限の体重移動ができるからです。

左サイドをキープしようとして、なんかぎこちない動きになって、変に力が入っちゃってミスするなんてこともうないはずです。

おわりに

おわりに

getty

アプローチが上達すれば、ゴルフはうんと楽になります♪

一方で、せっかくグリーン近くまでボールを運んでも、アプローチで失敗してしまうとかなりガックリきてしまいますよね~。

落ち着いてしっかり狙ったところへ落とせるようになるために、まずはクリーンにボールとクラブフェースをコンタクトさせることから始めましょう♪

アプローチが苦手という方、また今回ご紹介した方法をまだ試したことのない方はぜひお試しください。

以上、あやのがお届けしました(◍ ´꒳` ◍)b
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516