ほぼノーミス!?「吊り下げ式チョッコンアプローチ」のご紹介!

お気に入り
こんにちは♪

セカンドショットがわずかにグリーンを外れて、ピンまで残り15ヤード。「よし! 寄せワンでパーだ!!」と意気込んで打ったアプローチは……ザクッ!!

そんなアプローチにありがちなミスを極限まで減らせる夢のような打ち方があるとすれば? 使わない手はないですよね?!

今回は、グリーン周りでミスをしにくい、簡単なアプローチをご紹介します。

名付けて「吊り下げ式チョッコンアプローチ」!!

名付けて「吊り下げ式チョッコンアプローチ」!!

getty

ダサいネーミングなので、お好きな名前を付けていただいて構いません(笑)。

名前の通り、ショートアイアンやウェッジを「吊り下げる」ように垂直に近い状態で構え、パターのように肩だけで「チョッコン」とアプローチをします。

なんでこれでミスをしないのかというと……。

ヒールが浮くので「ザックリ」がほぼなくなります!!

ヒールが浮くので「ザックリ」がほぼなくなります!!
クラブのシャフトを垂直に近く構えると、ヒールが浮いていきます。

ヒールを極限まで浮かせることにより、地面とクラブの接地面が減り、その分「ザックリ」の確率が極限まで減るという作戦です。

「こんなのでボールは浮くの?」とお思いの方。打っていただけるとわかりますが、意外とボールは浮きます!

なので、グリーン面まで少し距離がある場合でも、アプローチウェッジなどロフトのあるクラブを選択すれば、キャリーでグリーン面をとらえることが可能です。

クラブの先端(トウ側)で構えて打ちます

クラブの先端(トウ側)で構えて打ちます
写真のように、クラブの先端(トウ側)にボールをセットし、打ちます。

ポイントは、クラブというのはヒールを浮かせれば浮かせるほど、フェースは自然と右を向いていきますので、ヒールを浮かせたら若干フェースを閉じてあげることです。

「目標より少し左を向いているかな」というくらいで、フェースは目標を向くことになります。閉じ具合は、打ちながら少しずつ調整してみてください。

スタンスを肩幅くらいに構えてパターと同じストロークで!

スタンスを肩幅くらいに構えてパターと同じストロークで!
ここまでセッティングが完了したら、あとは簡単!

パッティングと同じ要領で、肩幅くらいにスタンスを構え、下半身を動かさないように肩だけでストロークします。

どうです? あまりザックリしないでしょう?

ちなみに、トウ側で打つ分スピン量は減ります。ですので、グリーン面に落としてから、転がしてピンに寄せるというイメージでお願いします。

ディボット跡などの悪いライでも使える「裏技」です!!

ぜひ試してみてくださいね♪
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721