スコアアップの役に立つ「パンチショット」の打ち方!

お気に入り
こんにちは♪

ゴルフでスコアメイクをしていく上で大切なこと、それは飛距離ではなく方向性です。

ゴルフが「ターゲットゲーム」と呼ばれる所以(ゆえん)ですね。

やみくもにフルショットをしていても方向性は悪くなるばかり。「ライン出し」と呼ばれる、方向性を重視したショットの一種「パンチショット」をマスターして、さらなるスコアアップを目指しましょう!!

目標にはライナーで飛ばしたほうが狙いやすい

目標にはライナーで飛ばしたほうが狙いやすい

getty

ボールを何かの的に狙う場合、高くフワリとしたボールと、ライナー性のボールのどちらが狙いやすいでしょうか?

ある程度スピードがある、低いライナー性のボールのほうが狙いやすいと感じると思います。上空に風が吹いている場合はなおさらです。

ゴルフでも、グリーンの幅にボールを打っていくためには、低いライナー性のボールが有効です。

その低いライナー性のボールを打つための技術こそが、「パンチショット」と呼ばれるライン出しショットの一種です。

パンチショットで打ったボールは、低く目標に向かって一直線に飛んでいきます。

またインパクトで上からボールを潰すため、スピンがよく効いてグリーン上でボールが止まりやすいです。

さらに風の影響を受けにくく、結果方向性がよくなります。

パンチショットの打ち方

パンチショットの打ち方

getty

パンチショットは、トップをコンパクトにし、フォローを小さく抑えるショットです。

通常のアドレスよりも若干スタンスを狭くし、ボールを1個分くらい右足寄りにセットします。

あとはフィニッシュでグリップエンドが自分のおへそを向く位置でフォローを抑えます。

フォローで止めようとしても、惰性でフォローが大きくなってしまいますので、インパクト時に右足前でクラブを止めるイメージでちょうどいい位置で止められると思います。

注意点として、トップは肩口までに収めるコンパクトなものにし、インパクトではしっかり左足に重心を置きます。

スイング中はアドレスでできた右手首とクラブの角度をほどかないようにして、ハンドファーストの形を維持しましょう。

また、決して手で打ちにいくことは避け、あくまで体の回転で打つことです。手で打ちにいくと、手元が前に出てシャンクなどの原因となります。

始めは9番アイアンなどの短いアイアンで、小さなスイングからフォローを止める練習をするといいでしょう。

「自分の身長より高いボールは打たない!」と常に低いボールを意識しながら練習しましょう。

フォローを大きくし過ぎてしまうと、スピン量が増え、低く出たボールが吹け上がってしまい、風の影響を受けやすくなってしまうこともあるので注意しましょう。

林の中などのトラブルショットにも使える

林の中などのトラブルショットにも使える

getty

パンチショットを練習しておくと、方向性もよくなるのと同時に低いボールが打てるため、林の中からのトラブルショットにも応用できます。

前方に木の枝がある場合に、低いボールで脱出することが可能です。

また、上からボールを叩くというアイアンショットの基本が学べるので、スイング全体にも好影響が出ます。

100ヤード以内というアプローチショットでも使える技術です。

このように、パンチショットは多様な場面で使え、このショットを覚えるときっとあなたのゴルフ偏差値も大きく上がります!

参考にしていただければ幸いです♪
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019